<< 手作りフレンド市へ ガーデニング日和 >>

クリスマスコンサート

地元で行なわれる恒例の弦楽四重奏による演奏会があり
今日はそのクリスマスコンサートに行ってきました
(慌てて出かけて行ったのでカメラ忘れました・・・)
0歳から入場が可能なこのコンサートは
本格クラッシックからクリスマスソング、そしてアニメソングと幅広いジャンルの演奏が楽しめ
私も娘も毎回楽しみにしています

クラッシックといえばテレビやCDで聴いたりすることはあっても
ホールに出かけて鑑賞するというのは独身時代にもほとんどなく
むしろ子供ができてから積極的に出かけているのですが
このコンサートは演奏者の方との距離も近く
多少の入れ代わりがあるもののお馴染みのメンバーのお顔に出会うと
回数を重ねるごとにより身近な存在としてさらに親しみ深く鑑賞できるところがとてもいいところです

休憩20分を挟みアンコールの3曲を含めてたっぷり2時間堪能してきました
中でもヴィバルディのバイオリン協奏曲「四季」の『冬』は
その美しいメロディに冬の情景が頭に浮かび上がるとともに心に深く響き渡りました
またブラームスの「ハンガリー舞曲第5番」は迫力とスピーディーな演奏に
最前列で聴いていた娘達も手をたたいたりして全身で楽しんでいましたし
「さんぽ~となりのトトロ~ポニョ」のメドレーでは大きな声で唄ったりもしていました
弦楽四重奏にアレンジされた「サザエさん」の上品でありながらリズミカルな演奏もとても新鮮でしたよ

演奏中の姿勢の美しさやしなやかな動きを見ていると
奏者自体が楽器そのもののように見えて不思議な感覚を覚えました
4人が呼吸を合わせるときのちょっとした動きや
またその時に見せるやわらかな微笑みもとっても心地よく
私の気持ちをさらに温かくしてくれました

静かに奏でられた「きよしこの夜」
娘の胸にはどのように響いたでしょうか
そして私の楽器への憧れもさらに募りました・・・
[PR]
by torika-san | 2010-12-19 23:47 | おでかけ | Comments(0)
<< 手作りフレンド市へ ガーデニング日和 >>