<< 忘れないでいること 地震4日目 >>

停電で気づくこと

地震後はじめて地元のショッピングモールへ行ってきました
エントランスの照明は消され売り場も節電モード、書籍売り場に至っては通常の50%位になっていました
「お米がない」「パンが売ってない」「何処其処のドラッグストアが激混み」etc.
友人たちのつぶやきに恐々としていたのですが思った以上に普通な感じ
確かにお米・ミネラルウォーター・インスタント食品・単一電池の棚は噂通りがらん、としていましたが
実際に目でみてやっぱり大丈夫とひと安心でした

節電のため実施されている計画停電
第3グループの我が家ではまず昨日18:30~20:30の2時間実施されました
いつ消えてもいいようにと夕食はおにぎり、それと卵を落とした具だくさん味噌汁に小松菜の胡麻和え
(節電を言い訳にいつもの手抜きメニューにさらに拍車がかかっております・・)
食べ出して間もなく真っ暗に
娘が怖がるかもしれないと停電が始まるちょっと前に「もしも電気が消えたらこんな感じね」とシミュレーションしていたので特に動揺はなく、ほ
テーブルに用意してあったランプ型の非常用電燈をつけ食事を済ませると
昨年ハロウィーン時にTDLで買った「おばけランタン」を持ち出してきて暗いお部屋で遊んでいました
初めての出来事でしたが予告されていたことなので不自由は感じませんでした

そして今日2回目の計画停電
15:30~18:20くらいまでだったかしら
まだ明るい時間の開始だったので大丈夫だろうと思っていたのですが
バタバタと過ごした昨日に比べたった3時間がとても長く感じました
厚着していたので身体全体としては寒さは感じませんでしたが足元は徐々に冷たくなってきました
だんだん薄暗くなる部屋の中でも娘は楽しく遊んでいましたが私がちょっとでも離れると
「おかあさん、こっち来て」とやはり心細いようでした
停電が終わり電気をつけ明かりのもとで娘の顔を見たとき思わず
「電気が点くってとっても素晴らしいことね」と発していました
今日も暖かいご飯が食べられること、暖かいお風呂に入って暖かいお布団で眠れること
もちろんこうやってブログをかけることにも感謝

夕日が沈むほんの数分前
我が家の壁にこんなシルエット
d0163527_0192090.jpg

いつもならカーテンを閉め当たり前のように電気を点けている時間帯
飾り棚のダーラヘストやグリーン達がこんな素敵な影絵模様を映し出していたとは知る由もなく
普段と同じように過ごさなければと思いながらもちょっと緊張していた気持ちがとても和らぎました

少しずつでもいろんなことが良い方向に進みますように
[PR]
by torika-san | 2011-03-18 00:39 | 暮らし | Comments(4)
Commented at 2011-03-18 13:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by torika-san at 2011-03-19 10:12
>きよさん

親戚とは5日目に一人を除き連絡取れましたがその後はまだわかりません
ご心配いただきありがとうございます

計画停電今日は回避されたようですね
このまま暖かくなってくれればいいのですが週間予報ではまた来週寒さが戻るようでせめて被災地に暖房器具が行き渡ってくれたらと願うばかりです
夜間はいつもよりお部屋の電気を少なくしているのですが
そのせいかやっぱり気持ちの沈みがち・・娘は少し赤ちゃん返りしているみたいです

卒業シーズンでお式やお別れ会など中止や縮小して実施されているようですが
こんな時だからこそ気持ちだけは明るく新生活へ送り出してあげたいですよね
元気出していきましょう!!

Commented by Little Sunshine at 2011-03-22 17:48 x
私も停電を経験し、光は人にとって希望だなと思いました。
停電した約2日間は、朝日が昇ると不思議と笑顔になり安心しました。

ダーラヘストやグリーンのシルエット・・・
この画像を見た時、私も笑顔になりました(~_~)
素敵です。
きっとダーラヘストが幸せを運んできてくれたんでしょうね♪

Commented by torika-san at 2011-03-22 22:49
>Little Sunshineさん

当たり前なことが当たり前でない日々で気づくこと・学ぶべきことがたくさんありますよね
春に向かう季節であったことがせめてもの救いです

幸運の象徴ダーラヘスト
地震後何も手がつかない時はひたすらお馬さんをチクチクしてました
被災地にも希望と幸せの光が届きますように
<< 忘れないでいること 地震4日目 >>