<< 『森の中のてづくりマーケット』... 今週のひのきのそのギャラリー >>

おてがみ

d0163527_12594126.jpg

幼稚園のお友達との間でお手紙のやりとりが流行っています
ちょっと前までは絵がメインだったのが一段階進んで今は少し長文ものを書くようになりいわゆるお手紙っぽくなってきました
先日フェルト工房と化しているダイニングテーブルにて制作中に
娘は向かいの席でお友達へのお返事をせっせとしたためておりましたもので
「おかあさんにもお手紙書いて」と言ってみたら、これですよ

一応読み上げますと

だいすきなおかあさんにつくってもらうごはんいつもおいしいよ
わすれられないおかあさんのえがお

と書いてあります

手紙らしいものをもらったのはこれが初めてだったのですが
とてもいいおてがみでびっくりしました
思わず涙が出てしまいました
もう額に入れて飾りたいくらい
ケンカをしてもこれを見たらすぐ仲直りできそうだ うん
[PR]
by torika-san | 2012-11-29 13:16 | こそだて | Comments(2)
Commented by やえ at 2012-11-29 23:25 x
うん。いいね。すごく嬉しいお手紙だね。
字を覚えて、最初のお手紙は、やっぱりママになのね。
いつもおいしいごはんありがとう。
私も、お母さんに書いたかしら・・・
Commented by torika-san at 2012-11-30 10:01
>やえちゃん

なかなか味のあるお手紙書くでしょ(親バカ)
紙にぴったり納まっているところもちゃんと意図して書いているのか、それとも偶然なのかしら なんて

そういえば、自分の記憶ないな
まだ5歳のころはまともに字も書いてなかったような気もするし
初めてのお手紙、大事にするわ
<< 『森の中のてづくりマーケット』... 今週のひのきのそのギャラリー >>