<< 前の日 羊毛フェルトのマトリョーシカ >>

春登山 日ノ出山~つるつる温泉

今年のゴールデンウィークはお天気に恵まれましたね
毎年週間予報を気にしながら計画していた登山
今年はいつでもO.K.ということで行ってきました
目指すは日ノ出山!
金比羅山~金比羅尾根~日ノ出山からつるつる温泉へ下山するルートです

金比羅山は一昨々年娘が山登りデビューした思い出の山
ちょうど紅葉の時期でしたが、今回は新緑と躑躅の花に迎えられ、見覚えのあるコースでも違った景色が楽しめました
琴平神社で安全祈願した後いよいよ日ノ出山を目指します
途中バードコール(ねじのきしむ音で鳥のさえずり声のような音を出す道具。バードウォッチング用)を鳴らしたり口笛を吹くと鳥たちがそれに応えてくれます
「鳥と会話してるみたい!!」と娘も大はしゃぎ♪

d0163527_16483788.jpg

尾根道では爽やかな風が吹き抜けとても心地よいです

少しのんびり歩きすぎて山頂まではまだまだのようなので
お昼は木が伐採された見晴らしの良い地点で
d0163527_1653124.jpg

d0163527_16565261.jpg

おかげでゆっくり休憩できました

ところでこのコースの途中には木が間伐されている箇所がいくつかありました
d0163527_16583996.jpg

d0163527_16585393.jpg

これは「多摩の森林再生事業」によるもので平成14年から50年計画で実施されているものだそうです
昭和30年代に多く植林されたスギやヒノキが手入れされないまま密植状態となり暗い森林が増えているのだそうです(確かに怖いくらいたくさんの樹木がそびえ暗い個所はよく見かけます)
暗い森林では地面まで光が届かず草が生えなくなり土壌の裸地化が進んでしまいます
そうなると土砂が流出したり水を地下に浸透させる機能が低下するなど森林の持つ働きが十分に発揮されないのです
d0163527_1783799.jpg

登山道でもこのように土砂が流れて根っこがむき出しになっているところがありました
間伐したところは針広混交林化されるとのことで、広葉樹が多く植林されていました
つまりはスギ花粉の削減も目的であるということで、私としては喜ばしい限りなのです

さてさてようやく山頂まで0,5kmという表示があらわれましたがここからが結構きつい登りになっていました
3人縦列でここまでやってきましたが山頂まではそれぞれのペースで
そしてついに頂!!
標高902m!!
d0163527_17221841.jpg

高さはそれほどではありませんが眺望は素晴らしいです
d0163527_17225417.jpg

都心の高層ビルも良く見えました

d0163527_17231975.jpg


あとはつるつる温泉目指して一気に下山(と行きたいところですがなかなか一気に、とはいきませんけどね)
娘もつま先がかなり痛くなりながらもよく耐えてがんばりました
初つるつる温泉でしたが、本当にお肌つるつる
下山後に温泉に立ち寄るのは初めてでしたがなかなか良かったです

行程 13,25km
標高差 819m

さあ、次はどこへ

d0163527_17324896.jpg

[PR]
by torika-san | 2015-05-06 17:45 | アウトドア | Comments(0)
<< 前の日 羊毛フェルトのマトリョーシカ >>