<< 羊毛フェルトのエッグオーナメント 立春 >>

カルトナージュ#10~丸箱

カルトナージュレッスン10作目
丸箱です
d0163527_8491290.jpg

サイズは直径約19センチ 高さ約9センチ
使用した生地はフィンランド・スタジオヒッラのkakkaraデイジー
北欧デザインらしい自然の素材と明るい色合いが気に入ってずいぶん前に購入したのですが
実際手に取ってみるととても個性が強くなかなか使えないままでいましたが
今回のサイズと丸い形にはよく合いこの生地の可愛らしさが存分に表れています

以前にも長方形のかぶせの蓋タイプの箱は作りましたので作業工程は同じですが
直線か曲線かで側面の貼り方や折りしろの処理などが異なるためとても勉強になりました

側面は少しずつ貼り進めていくのがコツで
特に内側面(写真の茶色のクロスを貼った部分)は底面との間に隙間ができないように慎重に貼っていかなければなりません
逸る気持ちを抑えて(息を殺して 笑)なんとかきれいに貼ることができました
d0163527_8592929.jpg

端の処理もきっちりです
これを蓋側でもおこなうので完成には結構時間がかかりました
普段何気なく見ていた身の回りにある丸箱もこんなにも手間暇かけて作られていたのかと思うと
あらためてじっくり観察してしまいます

蓋の上面には綿を入れてふっくらと
ここでのポイントは綿の厚みを考慮して折りしろがもたつかない様に切込みを入れるのですが
どうも切込みを入れ過ぎたようで上面にわずかながら切込みが出てしまいました
デイジー柄の賑やかなのが幸いしてあまり目立つことはないのですが
シンプルな柄を使っていたらアウトです
ここはぜひリベンジしたいです
d0163527_1044012.jpg


表には現れてこない折りしろの切込みや切り落とす部分など
思い切りが必要なところと慎重にしなければならないところのさじ加減がまだまだです
1ミリの感覚も曖昧ですしね(2ミリ残すところ、測ってみたら3~4ミリもあったりする...)
ここを丁寧にやるかどうかで仕上がりが確実に違いますから
またがんばります!!

次はコーヒーのフィルターペーパー入れを作ります♪
[PR]
by torika-san | 2016-02-11 10:22 | カルトナージュ | Comments(0)
<< 羊毛フェルトのエッグオーナメント 立春 >>