<< 山歩き~千足→馬頭刈尾根→白倉 カルトナージュ#14~基本の箱... >>

Handmade Soap

手作り石けんのレッスンに行ってきました
日頃お風呂では固形石けん派で
LUSHやMARKS&WEBなど使い切るたびにいろいろな種類を試して使っていますが
結局は「これだ!!」というものにめぐり会っていないのが実際のところ
じゃあ、自分で作ってしまおう!というのがきっかけです

ネットで見つけたお教室
初心者さんは「基本のマルセイユ石けん」がおすすめ、とのことで基本を習ってきました
ちなみにマルセイユ石けんとは
13世紀から15世紀にかけてオリーブ(最良の油脂資源)と海藻(ソーダ分)の産地である地中海沿岸で広まった石けんの技術がフランスのマルセイユ地方を中心に発展したもので
国王ルイ14世が製造方法と使用材料に関する厳しい規制を設定して、石けん製造の独占権をマルセイユに与えたのだそうです
具体的にはマルセイユ石けん=材料の配合のうち72%がオリーブオイルであることで
72%の刻印がされているものがマルセイユ石けんの証しということだそうです

使用した材料は
オリーブオイル、ココナッツオイル、パームオイル、精製水、苛性ソーダとシンプル
これに好みの精油をブレンドしたもので香りづけします
私のチョイスは
フランキンセンス、ユーカリ、ローズゼラニウム、メイチャン、レモングラス
精油は単独で使うよりいくつか組み合わせたほうが、香り・効能など相乗効果を発揮するのだそうで
系統や相性、香りが持続する・しないなど先生にアドバイスを受けながら好みのブレンドに落ち着くことができました
d0163527_14191290.jpg

お教室では牛乳パックで作った型に入れるところまで
それをタオルに包み持ち帰りそのまま24時間保温状態を保ちます
その後型から取り出しカット
そこからさらに1ヶ月熟成します
というのも、オリーブオイルなどの油脂に水と苛性ソーダを加えることで、鹸化反応が起こり
石けんとグリセリンに変わるのですが、この鹸化反応がおさまるのに1ヶ月ほどかかるとのこと
ちなみに型から取り出しカットした様子はこちら
d0163527_12364055.jpg

カラダに優しい雰囲気出てますよねー
あー楽しみ!!
[PR]
by torika-san | 2016-04-24 14:22 | モノづくり | Comments(0)
<< 山歩き~千足→馬頭刈尾根→白倉 カルトナージュ#14~基本の箱... >>