<< 初秋の小浅間山 野菜の日 >>

成田-ウィーン最終便のニュース

d0163527_23153410.jpg
先日、古本を処分していたらすっかり忘れ去られていた栞が出てきました
エゴン・シーレの自画像
ウィーンのレオポルド美術館で買ったものです

ウィーンを旅したのは2001年の暮れから2002年にかけて
なぜ記憶が鮮明かといえば
ウィーンフィルニューイヤーコンサートで指揮を振る小澤征爾さんと行きの便が偶然同じだったことと
新年が明けてちょうどオーストリアの通貨がシリングからユーロへ切り替わり
帰りの空港で売店のお姉さんがシリングで代金を支払ったお客にユーロでお釣りを返すのにとても手こずっていたのを覚えているからです
ウィーンといえば音楽の都ですが
特に音楽に精通していたわけではなく
大学時代にドイツ文学を専攻していたのにドイツには1度も行ったことがなく
せめてドイツ語圏の都市に行ってみたいと思ったのがきっかけで
是が非でも行きたい、というわけではなかったのですが
行ってみたらとても素敵だった!
街並みは美しく見所満載、地下鉄やトラムを利用して巡ることもできとても過ごしやすい街でした
さらに素晴らしいのが空港から市街地までのアクセスが便利なこと
私はバスを利用しましたが所要時間は20分程なので
ウィーンを拠点にヨーロッパの他都市を巡るのにもとても便利なのです
この時はストックホルムと抱き合わせでしたが移動もスムーズだったように思います
それ以来ヨーロッパでまた訪れたい都市といえば、真っ先に浮かぶのがウィーンでしたが...

今日でオーストリア航空の成田⇔ウィーン直行便が撤退したとのニュース
近年は中国人観光客が多く4月からは上海⇔ウィーン便が就航
そして明日からは成田に変わり香港⇔ウィーン便となるとか
栞を発見してからウィーンでの思い出を紐解いていた矢先だったので
とても寂しい気持ちになりました
当時の写真などは幾度かの引っ越しに紛れて残っておらず
パスポートのスタンプとこの栞があるだけなのですが
その分、頭の中の記憶だけは消すまいと頑張っているのかもしれません
いつかまたウィーンを訪れる日がきたら頭の中の記憶の答え合わせしたいです










[PR]
by torika-san | 2016-09-05 00:09 | 暮らし | Comments(0)
<< 初秋の小浅間山 野菜の日 >>