<< 夏も終わり 2017 屋久島 旅の記録その5 >>

2017 屋久島 旅の記録その6

旅の記録 その6

5日目 8月1日(火)
屋久島の旅もとうとう最終日
ホテルでの朝食は毎日きっちり7時でしたが
今日は30分遅らせました
荷造りをしてチェックアウト後はまだ行けていなかったスポットへドライブ

d0163527_23010310.jpg
トローキの滝
海に落ちる滝で少し離れた展望台から見ることができます
(麦生の屋久島町まごころ市‘ぽん・たん館’に車を停め遊歩道を歩いて行くことができます)
この滝の上流は初日に見た千尋の滝です

d0163527_23063934.jpg
通りから逸れて農道に入ると辺りが開けていて雄大な景色を臨むことができます

d0163527_23103356.jpg
こちらは中間のガジュマル
幹まわり20m以上 高さ15mで島最大とのこと
大きすぎてカメラに収まりきれません...このスケール伝わっていますでしょうか

ここで折り返してランチのお店をさがしに車を走らせます
途中湯泊の集落には七夕飾りが
d0163527_23152746.jpg
寺山修司の映画のワンシーンのような独特な風情が漂っていました


ガイドブックにとてもセンス良く紹介されていたカフェと雑貨の‘nomado cafe’さん
ランチをいただこうと立ち寄りましたがあいにく満席でしたので
雑貨だけちょっと見させていただきました
魚サン(ビーチサンダルみたいなサンダル。漁協のひとが履いている滑りにくいサンダルのことらしいです)のカラーバリエーションは噂通り品揃えが豊富でした

次に向かうは同じくガイドブックに紹介されていた
高台にある石窯パン工房のお店
ホントにこの道でいいのかな、と不安になりながら細い道を進むと
ちゃんとありました...がclose
定休日ではないはずなんですけどね...残念

で、結局安房まで戻り昨日のリバーカヤックのときに見かけた川沿いの‘散歩亭’さんへ
川を眺めながらのランチ美味しかったです
barスペースもあって夜は更にいい雰囲気なのかな

午後も飛行機まではまだもう少しあるので最後の最後で‘屋久杉自然館’へ
館内へは靴を脱いで入るのですが
床に敷き詰められたブロック状の杉がポコポコして気持ちよかったです
屋久杉にまつわる展示とトロッコで伐採した屋久杉を運び出す貴重な映像、屋久島の地質についてなど
大人も子供も楽しめる内容になっていました
2005年に積雪で折れてしまった縄文杉の枝‘いのちの枝’や
実寸大の縄文杉の写真が展示されており
次は必ず縄文杉へ、の思いが強くなりました

そろそろ飛行機の時間が迫ってきました
今回宿泊した安房から空港までの道はもう何往復したかわからないくらい馴染の景色となりました
こちらのお店の看板はどちらかというと控えめで
到着した初日はガイドブックを見て「この辺なんだけどなぁ」と言いながら
見つけられず通り過ぎてしまったりしていましたが
最終日には目も慣れてだいぶ発見できるようになりました(笑)
とにかく5日間一度も雨に降られることなく予定通りのスケジュールで過ごすことができたのはラッキーでした
島グルメもすべて美味しかった!!
また必ず訪れたいと思います

ありがとう屋久島!!

旅の記録 終わり






[PR]
by torika-san | 2017-08-25 14:50 | アウトドア | Comments(0)
<< 夏も終わり 2017 屋久島 旅の記録その5 >>