2017年 08月 13日 ( 1 )

2017 屋久島 旅の記録その3

旅の記録 その3

2日目 7月29日(土)
旅のメイン 「白谷雲水峡」トレッキング
屋久島といえば縄文杉ですが
縄文杉コースは歩行距離約22キロ 時間も10時間前後かかり
小4の娘には少しハードなので今回は見送りました

コースの入り口 標高610mの白谷広場までは車で登っていくことができます
駐車場には係員さんがいてすでに満車でしたが道路脇に誘導していただき駐車することができました
白谷雲水峡は映画「もののけ姫」のイメージソースになったともいわれ
屋久杉や渓谷美、瑞々しい苔の森など見どころ満載です
歩くコースも長短いくつかありますが
私達は標高1050mの太鼓岩を目指し往路は楠川歩道経由の最短コースを、
復路は余力に応じて奉行杉コース・弥生杉コースを巡ろうとプランニングしました

そもそも屋久杉とは標高500m以上の屋久島に自生する樹齢1000年以上の杉のことで
樹脂分が多く腐りにくい性質で成長が遅く年輪が緻密なのが特徴です
また倒木や切り株に落ちた種が苔から養分をもらい新たに育つことで
特長のある姿に成長します(倒木更新・切り株更新とよばれる)

花崗岩が隆起してできた屋久島は土が乏しく稲作に不向きだったため
江戸時代の島津藩は屋久杉を伐採し平木(屋根を葺く小板)に加工したものを年貢として上納させていました
楠川歩道は木を運び出すために整備された歩道で300年~400年を経た今でもそのままの姿を残しています

歩いたコースのみどころ
・いこいの大岩
・飛流おとし
・さつき吊り橋
・くぐり杉
・七本杉
・苔むす森
・太鼓岩
他に世界遺産登録20周年を記念して島民の公募により名付けられた杉
・シカの宿
・武家杉と公家杉
・かみなりおんじ
・女神杉

d0163527_15034295.jpg
d0163527_15051214.jpg
d0163527_15044827.jpg
d0163527_15061169.jpg
d0163527_15065037.jpg
d0163527_15071088.jpg
d0163527_15074512.jpg
d0163527_15080971.jpg
d0163527_15085927.jpg
d0163527_15084498.jpg
d0163527_15092890.jpg
d0163527_15091030.jpg
d0163527_15094283.jpg
d0163527_15095571.jpg
d0163527_15101201.jpg
コース頂上の太鼓岩からの眺めは雲がかかり森を一望とはいきませんでしたが
雲間から見える枯れ木や鬱蒼とした森や川の景色はまるでこの世ではないような幻想的なものでした

ちなみにお昼は前日にホテルにお願いすると
出発時間に合わせてお弁当を手配してくれます(屋久島あるある)

途中で私の登山靴の底がパカパカ剥がれるというアクシデントがあり
余力はあるものの足元も険しくケガの心配もありましたので
往路と同じコースで帰りゴール!
行程 5,6km
標高差 440m
少々心残りはありましたがやっぱり気分爽快!!

ガイドブックなどで予習を重ねて
屋久杉も苔の広がる森も美しい渓谷も写真で見ておりましたので
やっぱりすごい!!と思いましたが
実際その場に足を踏み入れ対面するとそのスケール感は想像以上で
たくさん写真も撮ってきましたが思うような写真が撮れない
つまり「こんなもんじゃない!!」といいたい!!
そして次は縄文杉へ、の思いが強くなりました

夕食は安房の 寿し「いその香り」へ
どのガイドブックでも絶賛されていて予約のお客さんが次から次へとやってきていました
屋久島名物 首折れサバの刺身
d0163527_15510039.jpg
鮮度を保つ為獲ったあとすぐに首を折って血抜きをしたサバのことでプリプリでした

d0163527_15533257.jpg
地魚にぎりはネタの名前を説明してくれます
ほかにもトビウオのつけ揚げ(さつま揚げ)やきびなごの天ぷらなど
どれも美味!!
トレッキングの程よい疲労感と生ビールでほろ酔い気分
今宵も屋久島グルメ満喫♪
明日は海

その4へつづく


[PR]
by torika-san | 2017-08-13 16:08 | アウトドア | Comments(0)