カテゴリ:カルトナージュ( 23 )

カルトナージュ・復習編#1

ひきこもりを有意義に
というわけで、予告通り作りました
d0163527_14551782.jpg

娘用に作った六角形のペン立ての復習を兼ねて自分用に物入れを
レシピは全く同じだと芸がないので少し大きめにリサイズしました
具体的には一辺4,5cmだった六角形を6,5cmにして高さも少し伸ばしました
(1:2:√3とかおぼろげな記憶の公式とか使ってみたりして)

そして今回は初の試み
カートンとケント紙も全部自分で下ごしらえしてみました
d0163527_15105040.jpg

いつものレッスンでは布は自分で用意していますが
カートンやケント紙のカットは先生にお願いしてキットをいただいていたのです
寸法は1mm単位でも正確に線を引かないと仕上がりが美しくないのでキッチリと
カットも切り目が斜めにならない様にカッターの刃をしっかり垂直に入れなければいけません
紙といえどもカートンを侮るなかれ厚いものはけっこう難儀なものです
まだコツなど体得できていないので無駄な力を使っているのだと思いますが
(先生いつもありがとうございます!!)

生地はローラアシュレイ
もう20年くらい前に入手したものなのですが残りが少なく
柄も大きめなので小さなものに使うにはもったいないなと
なかなか使うことができないでいましたが
1枚の生地でぐるっと周囲を貼りいろんな角度からデザインが楽しめる六角形モノにはぴったりでした
机のいつも目の届くところに愛着のある生地のものが置かれているだけで気持ちが和みます
というのもこれ、ちょうどハガキが入るサイズなのです
各所から送られてくる割引特典つきのDMとかってすぐ捨てられなくて
机の上に乱雑に置かれていたんですよね
仕舞いこんじゃうと忘れてそのままになったりしちゃうので一応目の届くところには置いておきたい
そんな期待を受けて完成したこの子
いい働きしてくれそうですよ♪
[PR]
by torika-san | 2016-03-05 15:32 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュ#12~六角形のペン立て

カルトナージュレッスン12作目
六角形のペン立てです
d0163527_1441999.jpg

今回のポイントはカートンで六角形を成形することです
側面は1枚のカートンにカッターで切込み線を入れ折り曲げて六角形の筒状にしています
それを底面となる六角形のカートンとボンドで貼り合わせて作ります
この切込みを潔く、もちろん切り離してしまわない程度に入れることで
綺麗に折り曲げることができるのですが
こういうところの思い切りというか勇気というか...がまだ無いんですよね
ちなみに今回使用したカートンは厚さ2,5ミリ
数字だけきいてもあまりピンと来ないとは思いますが
カルトナージュで使用するカートンの中では厚いタイプなので
そう易々と切れるものではありません
分かってはいるけれど...なのですよ

そしてもう一つのポイントは縁取りです
このひと手間があるだけでデザインがグッと引き締まりますよね

さっそく娘の机の上に
d0163527_1572147.jpg

机の上に乱雑に重ねられていた栞がずっと気になってたんですよー
あーすっきり!
しかも可愛い!!
復習もかねて自分用にも作ってみよう♪
[PR]
by torika-san | 2016-02-29 15:11 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュ#11~コーヒーフィルター入れ

カルトナージュレッスン11作目
コーヒーフィルター入れです
d0163527_11115044.jpg

さっそくペーパーを入れてみましたが気持ちがいいくらいぴったり納まっています
それはもちろんフィルターのサイズや形状に合わせてレシピが作られているからなのですが
日常使いの物を好みに合わせて自在に作れることでうまれる心地よさや愛着
これこそカルトナージュの醍醐味なのでしょう

生地はずっと前、娘の園バッグを作った折に余ったはぎれを使いました
お気に入りの柄だったので何か作りたいと思いながらサイズ足らずでなかなか使われないままでいましたが
今回のような小物にはピッタリでした
コーヒーを淹れるたびに楽しい気分にもなれますしね
サイドと底面にはもうひとつ遊びを
d0163527_11243457.jpg

d0163527_11244782.jpg

こちらもお気に入りのチューリップ柄
カットクロスで購入したのでやはり大物には使えず出番を待っていました

いつもカートンは先生にカットしたものをご用意いただいているのですが
今回初めて曲線のカットに挑戦しました
厚さ2,5mmのカートンの曲線を美しくカットするには
目から鱗のコツがあるのです!!
今朝コーヒーを淹れながら夫に教えたら「なるほど、それはすごい!」と感心していました

まずまずの出来具合ではありますが
ここはもっとこうすればよかった等の反省ポイントは眺めるほどに出てくるもの
この気持ちを忘れずに次に生かしたいものです

ともあれ可愛くできた!!
引き出しにしまっておくのはもったいないぞーーーうふ
[PR]
by torika-san | 2016-02-19 11:37 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュ#10~丸箱

カルトナージュレッスン10作目
丸箱です
d0163527_8491290.jpg

サイズは直径約19センチ 高さ約9センチ
使用した生地はフィンランド・スタジオヒッラのkakkaraデイジー
北欧デザインらしい自然の素材と明るい色合いが気に入ってずいぶん前に購入したのですが
実際手に取ってみるととても個性が強くなかなか使えないままでいましたが
今回のサイズと丸い形にはよく合いこの生地の可愛らしさが存分に表れています

以前にも長方形のかぶせの蓋タイプの箱は作りましたので作業工程は同じですが
直線か曲線かで側面の貼り方や折りしろの処理などが異なるためとても勉強になりました

側面は少しずつ貼り進めていくのがコツで
特に内側面(写真の茶色のクロスを貼った部分)は底面との間に隙間ができないように慎重に貼っていかなければなりません
逸る気持ちを抑えて(息を殺して 笑)なんとかきれいに貼ることができました
d0163527_8592929.jpg

端の処理もきっちりです
これを蓋側でもおこなうので完成には結構時間がかかりました
普段何気なく見ていた身の回りにある丸箱もこんなにも手間暇かけて作られていたのかと思うと
あらためてじっくり観察してしまいます

蓋の上面には綿を入れてふっくらと
ここでのポイントは綿の厚みを考慮して折りしろがもたつかない様に切込みを入れるのですが
どうも切込みを入れ過ぎたようで上面にわずかながら切込みが出てしまいました
デイジー柄の賑やかなのが幸いしてあまり目立つことはないのですが
シンプルな柄を使っていたらアウトです
ここはぜひリベンジしたいです
d0163527_1044012.jpg


表には現れてこない折りしろの切込みや切り落とす部分など
思い切りが必要なところと慎重にしなければならないところのさじ加減がまだまだです
1ミリの感覚も曖昧ですしね(2ミリ残すところ、測ってみたら3~4ミリもあったりする...)
ここを丁寧にやるかどうかで仕上がりが確実に違いますから
またがんばります!!

次はコーヒーのフィルターペーパー入れを作ります♪
[PR]
by torika-san | 2016-02-11 10:22 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュ#9~ペルメル

d0163527_215181.jpg

カルトナージュレッスン9作目
ペルメルです
分かりやすく言いますとレターホルダーでしょうか
綿を入れたボードにリボンを渡し、ポストカードや写真などを挟んで飾ることのできるものでカルトナージュではベーシックなアイテムです
生地はマリメッコのVIHKIRUUSU(ヴィキルース)を使いました

美しく仕上げるために注意するポイントは
表面の生地が引きつらないように貼ること
上下ののりしろを貼り合わせたら表に返し引きつっていないかを確認
左右も同様に
もしも引きつってしまったら剥がして調整、といった具合に
d0163527_21232321.jpg

ふっくら なんとかうまくいきました

またペルメルのように広い面積のカートンにボンドを塗るには素早く、かつムラなく塗らなければいけません
いつもより幅の広い刷毛を用い、生地と張り合わせる寸前に縁の部分はもう一度ボンドを塗るのがきれいに貼るコツです

貼り合わせた後は、反らないように2,3日重しをして完成です

さっそく送られてきたカードを飾ってみましたよ♪
d0163527_2295752.jpg


何も挟まなくてもそのままインテリアとして楽しむこともできますし
縦型で作ったりリボンの渡し方を変えてみたり
タッセルなどつけても素敵ですよね(妄想中)


次回は丸箱に挑戦します!!
[PR]
by torika-san | 2015-12-22 22:24 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュ#8~A4三つ折りホルダー

d0163527_22431678.jpg

カルトナージュレッスン 8作目
A4三つ折りホルダーです

中を開くと
d0163527_224411.jpg

このようにA4サイズの用紙がぴったり納まり

d0163527_2246922.jpg

パタン、パタンとたたんでコンパクトに持ち運べるという便利グッズです

d0163527_22553559.jpg


なんといってもこの生地のデザインですよ!
東京のMAP柄!!
皇居や浅草雷門、スカイツリーに上野動物園のパンダがおもて面にバッチリ出てます
裏面や中面も名所が満載で
地図好きの私としてはかなりテンションあがります♪

次回はペルメル
どんな生地で作ろうかな うふ
[PR]
by torika-san | 2015-11-20 00:01 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュ#7~道具箱

d0163527_18442885.jpg

カルトナージュレッスン 7作目
道具箱です

お教室で定番の道具箱
たいていの生徒さんたちが作られていて
同じ形でも生地の違いで皆さんの個性が発揮されています
なかでもストライプ柄は人気のようで
生地を決めるのに迷いましたが
エジンバラウィーバースのVICENTIOというシリーズを使いました(鎌倉スワニーで購入)
アンティーク調の植物柄と麻レーヨンの質感がとても気に入っています
革の持ち手と金古美の鋲がさらに落ち着いた雰囲気を醸し
きっと素敵なものが収められているのね、と予感させてくれますよね
d0163527_1850118.jpg

d0163527_18503066.jpg


ともあれ早速カルトナージュのお道具入れてみました
d0163527_18511826.jpg

外見とは裏腹にまだまだ初心者感丸出しのお道具たちですが
レッスンを重ねて味わいを出していきたいものです
[PR]
by torika-san | 2015-11-17 20:12 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュ#6~カードケースカバー

夏休みをはさみほぼ2ヵ月ぶりのカルトナージュレッスン
6作目のカードケースカバーです
d0163527_14231899.jpg

表地はリバティ
内側はレンガ色のクロスを使用しました
d0163527_14275344.jpg

左右の差し込みポケットにカードが10枚収納できる透明のカードケースをセット
ゴムバンドをつけて持ち運びもコンパクトです

箱モノに比べ小振りの作品なのであまり時間はかかりませんが
つなぎ部分の処理方法やポケットの基本など
今後の作品にも役立つ工程を学ぶことができます
またゴムバンドは強度をつけるためにカバーに切込みを入れ内側に通しているのですが
d0163527_14383238.jpg

生地を貼ったカートンに切込みを入れること自体けっこう力が要るもので
細すぎるとゴムが通らず、切りすぎも美しくない
という結構ドキドキな作業なのです
でもやっぱりこのひと手間が大切なんですよね

久しぶりのレッスンで手が忘れていないかと心配でしたが
良いリハビリとなりました

次回は取っ手付きのお道具箱を作ります♪
[PR]
by torika-san | 2015-09-12 14:51 | カルトナージュ | Comments(1)

カルトナージュ#5~持ち手つき小物トレイ

カルトナージュレッスン 5作目
持ち手つき小物トレイです
d0163527_1710373.jpg

サイズは縦7,5cm 横18,5cm トレイ部の高さは5cm 持ち手までは13cm
表の生地はずいぶん前にIKEAで購入したもの、内側はソレイアードを使いました
箱モノも4作目になりましたので今回は表地に少し厚手のものを試してみました
側面の生地の貼り終わりの処理や持ち手など生地が幾重にも重なる部分は
薄手の生地に比べ、より余分を削いでいかないと美しく仕上げることができないので丁寧さを要しましたが
生地が厚い分小さなトレイですがどっしりとした安定感があります
d0163527_17282849.jpg

足割鋲を使うと簡単に持ち手を付けることもできます


さて今回の布選び
表地にはIKEA(北欧)、内側にはソレイアード(南仏)とセオリー的にはNGの組み合わせなのかもしれませんが
どちらもお気に入りの柄&色
思い切って合わせてみたら思いのほか馴染んでました
サイズの小さいものは遊びのある組み合わせを楽しむこともできますね

次回のレッスンは夏休みが終わるまでおあずけです
手が忘れないようにこれまで作ったレシピの復習でもしてみますかね
自由研究のつもりで♪(笑)

さあ、明日は小学校の終業式ですよー
[PR]
by torika-san | 2015-07-16 17:46 | カルトナージュ | Comments(2)

カルトナージュ#4~基本の箱(かぶせの蓋)

カルトナージュレッスン 4作目
かぶせの蓋タイプの基本の箱です
d0163527_1442533.jpg

サイズは縦17cm 横21cm 高さ8,5cm
これまでの作品の中では1番の大物です
シロツメクサや小花の模様のブルーの生地(LECIENのmemoire a Parisというシリーズ)に細かいドットのクリーム色を合わせてみました

3回連続してボックスタイプのレッスンを受けたので
カートンの成形や生地を貼る手順など慣れてはきましたが
今回のような大物になるとボンドを貼る面の面積が広いので
刷毛でボンドを塗る際にはより手早い作業が必要になるあたりが難しかったです
また今回は蓋にキルト綿を入れる新しい工程がありましたが
表面の生地が攣れない様に均等な力でカートンに貼り合わせるというポイントも学びました
1番の見せ場であるふっくらとした蓋が攣れたりしわが寄ってしまったりすると台無しですからね

蓋を開けるとこんな感じ
d0163527_141604.jpg

底面と側面で布を切り替えています

そしてふた裏もこの通り
d0163527_14171492.jpg


ありふれた形の箱でも生地の選び方・組み合わせ方でオリジナリティを表現できるのがカルトナージュの楽しさのひとつでもありますね

そんなわけで最近は生地さがしに夢中です
これまでは生地といえばバッグやエプロン、娘の巾着などを作るという目線で選んでいました
また偶然見かけて気に入ったカットクロスなどのストックもありますが
カルトナージュのように2~3種類を組み合わせて使用するつもりで購入したわけではないので
ストックだけでは限界があるのです・・・・・・ということを言い訳に
ストックが減らないままどんどん買い足していくことに些かの罪悪感を感じつつも
これ素敵!!というデザインの生地を見つけては妄想するのが目下の楽しみ

夏休みに突入するとレッスンには伺えそうにないので
来週もうワンレッスン予約してしまいました♪
今度は小物トレイを作ります るん
[PR]
by torika-san | 2015-07-07 14:47 | カルトナージュ | Comments(0)