カテゴリ:カルトナージュ( 27 )

カルトナージュ#7~道具箱

d0163527_18442885.jpg

カルトナージュレッスン 7作目
道具箱です

お教室で定番の道具箱
たいていの生徒さんたちが作られていて
同じ形でも生地の違いで皆さんの個性が発揮されています
なかでもストライプ柄は人気のようで
生地を決めるのに迷いましたが
エジンバラウィーバースのVICENTIOというシリーズを使いました(鎌倉スワニーで購入)
アンティーク調の植物柄と麻レーヨンの質感がとても気に入っています
革の持ち手と金古美の鋲がさらに落ち着いた雰囲気を醸し
きっと素敵なものが収められているのね、と予感させてくれますよね
d0163527_1850118.jpg

d0163527_18503066.jpg


ともあれ早速カルトナージュのお道具入れてみました
d0163527_18511826.jpg

外見とは裏腹にまだまだ初心者感丸出しのお道具たちですが
レッスンを重ねて味わいを出していきたいものです
[PR]
by torika-san | 2015-11-17 20:12 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュ#6~カードケースカバー

夏休みをはさみほぼ2ヵ月ぶりのカルトナージュレッスン
6作目のカードケースカバーです
d0163527_14231899.jpg

表地はリバティ
内側はレンガ色のクロスを使用しました
d0163527_14275344.jpg

左右の差し込みポケットにカードが10枚収納できる透明のカードケースをセット
ゴムバンドをつけて持ち運びもコンパクトです

箱モノに比べ小振りの作品なのであまり時間はかかりませんが
つなぎ部分の処理方法やポケットの基本など
今後の作品にも役立つ工程を学ぶことができます
またゴムバンドは強度をつけるためにカバーに切込みを入れ内側に通しているのですが
d0163527_14383238.jpg

生地を貼ったカートンに切込みを入れること自体けっこう力が要るもので
細すぎるとゴムが通らず、切りすぎも美しくない
という結構ドキドキな作業なのです
でもやっぱりこのひと手間が大切なんですよね

久しぶりのレッスンで手が忘れていないかと心配でしたが
良いリハビリとなりました

次回は取っ手付きのお道具箱を作ります♪
[PR]
by torika-san | 2015-09-12 14:51 | カルトナージュ | Comments(1)

カルトナージュ#5~持ち手つき小物トレイ

カルトナージュレッスン 5作目
持ち手つき小物トレイです
d0163527_1710373.jpg

サイズは縦7,5cm 横18,5cm トレイ部の高さは5cm 持ち手までは13cm
表の生地はずいぶん前にIKEAで購入したもの、内側はソレイアードを使いました
箱モノも4作目になりましたので今回は表地に少し厚手のものを試してみました
側面の生地の貼り終わりの処理や持ち手など生地が幾重にも重なる部分は
薄手の生地に比べ、より余分を削いでいかないと美しく仕上げることができないので丁寧さを要しましたが
生地が厚い分小さなトレイですがどっしりとした安定感があります
d0163527_17282849.jpg

足割鋲を使うと簡単に持ち手を付けることもできます


さて今回の布選び
表地にはIKEA(北欧)、内側にはソレイアード(南仏)とセオリー的にはNGの組み合わせなのかもしれませんが
どちらもお気に入りの柄&色
思い切って合わせてみたら思いのほか馴染んでました
サイズの小さいものは遊びのある組み合わせを楽しむこともできますね

次回のレッスンは夏休みが終わるまでおあずけです
手が忘れないようにこれまで作ったレシピの復習でもしてみますかね
自由研究のつもりで♪(笑)

さあ、明日は小学校の終業式ですよー
[PR]
by torika-san | 2015-07-16 17:46 | カルトナージュ | Comments(2)

カルトナージュ#4~基本の箱(かぶせの蓋)

カルトナージュレッスン 4作目
かぶせの蓋タイプの基本の箱です
d0163527_1442533.jpg

サイズは縦17cm 横21cm 高さ8,5cm
これまでの作品の中では1番の大物です
シロツメクサや小花の模様のブルーの生地(LECIENのmemoire a Parisというシリーズ)に細かいドットのクリーム色を合わせてみました

3回連続してボックスタイプのレッスンを受けたので
カートンの成形や生地を貼る手順など慣れてはきましたが
今回のような大物になるとボンドを貼る面の面積が広いので
刷毛でボンドを塗る際にはより手早い作業が必要になるあたりが難しかったです
また今回は蓋にキルト綿を入れる新しい工程がありましたが
表面の生地が攣れない様に均等な力でカートンに貼り合わせるというポイントも学びました
1番の見せ場であるふっくらとした蓋が攣れたりしわが寄ってしまったりすると台無しですからね

蓋を開けるとこんな感じ
d0163527_141604.jpg

底面と側面で布を切り替えています

そしてふた裏もこの通り
d0163527_14171492.jpg


ありふれた形の箱でも生地の選び方・組み合わせ方でオリジナリティを表現できるのがカルトナージュの楽しさのひとつでもありますね

そんなわけで最近は生地さがしに夢中です
これまでは生地といえばバッグやエプロン、娘の巾着などを作るという目線で選んでいました
また偶然見かけて気に入ったカットクロスなどのストックもありますが
カルトナージュのように2~3種類を組み合わせて使用するつもりで購入したわけではないので
ストックだけでは限界があるのです・・・・・・ということを言い訳に
ストックが減らないままどんどん買い足していくことに些かの罪悪感を感じつつも
これ素敵!!というデザインの生地を見つけては妄想するのが目下の楽しみ

夏休みに突入するとレッスンには伺えそうにないので
来週もうワンレッスン予約してしまいました♪
今度は小物トレイを作ります るん
[PR]
by torika-san | 2015-07-07 14:47 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュ#3~ブロックメモボックス

カルトナージュレッスン 3作目
ブロックメモボックスです
d0163527_14495647.jpg

サイズは縦横11cm 高さ6cm
外側の生地はソレイアードの牛柄(笑)
これは以前、柄のおもしろさに惹かれ購入しておいたもの
内側の生地はこちらも何年も前に購入したカットクロスでなかなか使う機会がなくずっとしまわれていたのですが
牛柄のピンクとの色合いがピッタリだったので選んでみました
仕上がりはイメージ通り♪

このボックスはこちらの
d0163527_1503749.jpg

無印のブロックメモが入るサイズに設計されておりまして
さっそくセットしてみましたよん
d0163527_151465.jpg

ぴったり!気持ちいいー!!

とにかくまずは箱モノを修練したいと思い、前回の正方形の箱と同じような形とサイズ感の物を作ってみましたが
細かいチェックポイントなど忘れてしまっていることも多く良い復習になりました
メモをめくり取るための切込み部分は同じ箱モノでも応用編でキレイに仕上げるための裏ワザなど勉強になりました

正面から見るとよくわかるのですが
d0163527_1575521.jpg

向かって左側にはカートンで成形した際の微妙な段差が生地の表面にキッチリ出てしまっています
また、今回のように模様が規則的に並んでいるものは正面からの模様の見え方なども意識して生地をカットしたり貼ったりしないといけないことも出来上がりを見て気づきます
(あと5mmずらして貼り始めれば、模様が左右対称に納まったなぁ...とかね)
まだまだです

ちなみに前回の正方形の箱で失敗したふた裏のクロス
もう一度資材をいただいたので早速仕上げ
d0163527_15161773.jpg

嬉しいくらい綺麗に貼れました!気持ちいい!!
少しはボンドの扱いに慣れてきたかな

次回は基本の箱(かぶせの蓋タイプ)に挑戦です
[PR]
by torika-san | 2015-06-13 15:23 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュ#2~正方形の箱

先月の体験レッスンでカルトナージュの愉しさを知り、早速2回目のレッスンに行ってきました
初めての箱もの
d0163527_9215550.jpg

正方形の箱(落し蓋タイプ)です
サイズは13.5cm四方、高さは6cm
生地はリバティの`スモール・スザンナ’というシリーズ
体験レッスンの際、先生からリバティの生地は薄くて張りがありカルトナージュにはとても使い易いとお奨めいただいたので選んでみましたが、なるほど、カートンに貼る際にもシワにならずピタッと貼りつき、角もシャープに決まるので初心者の私には最適でした
内側にはグリーンのクロスを使用
クロスというのは、高級めの本の表紙に使われているあの布のことです
切りっぱなしで使えるので便利ですが無地なので、誤ってボンドをつけてしまうと染みが目立つ為、中面、特に底面をつける時には細心の注意が必要です
d0163527_9562178.jpg

d0163527_9563439.jpg

エレガントなリボンと薫風を運んでくれるような佇まい
初めてにしては大満足の仕上がり♪

といいたいところなのですが、ふた裏と外底面の生地の貼り付けを残してタイムアップ
宿題となりました
底布は難なく貼れたのですが
ふた裏に貼るクロスをケント紙に貼る際にボンドの塗りが甘かった為か空気が入ってしまい凸凹に...涙
外からは見えないとはいえ、やはり初めての箱作品で思い入れもあり、やり直すことに
次回のレッスンで再度資材をご用意いただけるよう先生にお願いしましたので完成はその時までお預けです

カルトナージュは同じレシピでも生地のデザインで全く雰囲気の違うものになります
そのため生地選びはかなり重要
でもそこがまた楽しいところでもあります
布の厚みによっても制作の過程でカートンのサイズをミリ単位で微調整しながら組み立てていく必要があり、ピタッと決まった時には実に気持ちがいいのです

満を持して始めたカルトナージュ
すっかり虜です
(羊毛フェルトはどうしたの?? はい、やってますやってます 笑)
[PR]
by torika-san | 2015-05-28 10:30 | カルトナージュ | Comments(0)

カルトナージュ体験

d0163527_21155484.jpg

カルトナージュの体験レッスンでパスケース制作
布は4種類用意された中から今日の気分でこちら
体験ということで材料はキットになっており1時間半くらいで完成しました
かわいい
一晩は重しを、とのことで今はこんな状態になってます
d0163527_21291356.jpg

早く使ってみたいな


カルトナージュとは
中世ヨーロッパで広まった手工芸
厚紙(Carton カルトン)を使って組み立て、布や紙を貼って、箱や額に仕立てるもの(先生の教室案内より抜粋)
かれこれ10年ほど前にお試しの機会があり、リングケースを作ったことがありましたがそれきりで
またやってみたいなぁと気持ちを温めておりました
で、お教室を探していたのですが
娘が学校に行っている間に通えるところがなかなか見つけられず
始めるにはもう少し先かなぁと諦めていたところ
めぐり会うことが出来ました
それで早速次回も予約♪
正方形の箱を作ります
布は自分で用意することにしました
どんな柄にしようかな わくわく
[PR]
by torika-san | 2015-04-23 21:37 | カルトナージュ | Comments(0)