カテゴリ:おでかけ( 84 )

クリスマスおはなしコンサート♪

みなさん、クリスマスいかがお過ごしですか
この一週間は娘の終業式をはさみ
熟しておきたい所要やおでかけなど盛りだくさんで
ようやくクリスマスの夕刻にパソコンに向かうことができました

23日のクリスマスイブイブには
愛依の風クラッシック クリスマスおはなしコンサート『夢色クリスマスファンタジー』にでかけてきました
ストーリーテラー八重幡典子ちゃん(幼なじみなのであえて‘ちゃん’付けです)の語りと音楽で綴るこのイベントは
私と娘の毎年の恒例です
今年のプログラムはいつものわらべうたから、ゲストによる独唱やダンス、オーボエ演奏、讃美歌メドレーにメインの『くるみ割り人形』とクリスマスのうた等々、書き綴っている今も仰け反ってしまうほどの豪華版でした

スペシャルゲストの方々
オーボエ:渡辺克也さん
ピアノ伴奏:蓼沼明美さん
テノール:杉浦奎介さん
ピアノ伴奏:中村翔さん
ダンス:ダンスユニットCharMantさん

プログラム終盤でトロイメライのピアノ伴奏とともに語られる宮沢賢治の『注文の多い料理店序文』はいつも心に染み入ります
今年もまたこうして同じ場所で集い合うことができたな、と
そして健康でいられることに感謝しなくては、と

こんな贅沢な時間は愛依の風クラッシックならでは
やえちゃんサンタ すてきなクリスマスプレゼントをありがとう!!


昨晩は家族3人でささやかなクリスマスの晩餐
年に1度だけ焼くローストチキンはいつものレシピで、今年もまた無事にこの日を迎えることができたねとしみじみ語らいました
そのうち、娘も彼とクリスマスを過ごす日がくるんだろうな、と夫のつぶやきです

サンタさんから娘へのプレゼントも無事に届き
(こちらはネットで調達したため前日まで届く届かないで大慌てでした...)
ピアノ教室のクリスマスミニ発表会も終わり
明日からは年の瀬に向け一気に加速します

おっと、その前に明日から娘は2泊3日でスキースクールへ出かけます
まだ荷造り出来てない!!

バタバタはまだまだ続きそうです...

メリークリスマス!!!

[PR]
by torika-san | 2016-12-25 18:03 | おでかけ | Comments(0)

MAKOTO KAGOSHIMA ZUAN EXHIBITION 2016

d0163527_13431329.jpg
外苑前の路地裏に佇むセレクトショップdoinel(ドワネル)にて開催中の「鹿児島睦の図案展2016」に行ってきました
花や鳥などの親しみのあるモチーフが描かれた陶器やファブリックなどの生活雑貨は大変な人気ですが
繊細さと素朴さを併せ持ち、色使いも楽しいデザインは私も大好きです
今回の展示のメインである“ZUAN Letters”はアートディレクター前田景さんとのコラボレーションによるアルファベット文字のコレクションで
それぞれの文字の頭文字の動物が隠し絵のように描かれています
(「A」ならAlligatorのワニ、「L」ならLionのライオン...のように)
ショーウィンドウに紫紺だけで描かれているのも美しいですが
カラフルバージョンも色のトーンが気持ち良く
さらに直筆の原画には引き込まれて見入ってしまいました
動物達のユニークな表情にも鹿児島ワールドの魅力を再確認しました

せっかくなのでポスターを購入
ついでに手ぬぐいも
d0163527_14064410.jpg
お気に入りが近くにあるとやっぱりときめきます!!


[PR]
by torika-san | 2016-11-02 15:07 | おでかけ | Comments(0)

“飾る・つかう”カルトナージュ展

カルトナージュのレッスンでお世話になっているCartonnage Tama-tebakoの先生は
カルトナージュ作家よこた圭子先生の主宰するアトリエパピエ75の認定講師でいらっしゃいますが
その認定講師の方々による作品展示会が本日より開催されており早速出かけて参りました
d0163527_21514078.jpg
テーマの通り、使うことを目的としながら美しく飾ることのできる逸品の数々に
ただただうっとり
アクセサリーボックスやお裁縫箱、壁掛けの飾り棚や額装、時計など
デザインも素材も個性に溢れていました
他にも、あったらいいなと思うような収納箱や
遊び心のある楽しい作品もあり奥深いカルトナージュの世界を堪能しました
ちなみに今回の展示品はすべて販売されています
美しさと実用性を兼ね備えた素晴らしい作品
ぜひご覧いただきたいと思います

“飾る・つかう”カルトナージュ展
日時:10月29日(土)~11月1日(火)
   11:00~18:00(最終日は16:00まで)
場所:代々木上原 Do Progetto
   〒151-0064 渋谷区上原1-36-14 tel 03-3466-1088





[PR]
by torika-san | 2016-10-30 00:24 | おでかけ | Comments(0)

夏のアート&クラフト展

暑中お見舞い申し上げます
d0163527_1752225.jpg

ハンドメイドのお仲間方が出展されている
毎年恒例の「夏のアート&クラフト展」にお邪魔してきました
会場は福生の老舗カフェ アルルカンさんです
全10名の作家さんによる展示は
アクセサリー・布小物・革小物・あみぐるみ・ガラス・ミニチュアスイーツ粘土・イラスト・水彩・帽子とバラエティ豊かで
冷たい飲み物とともに暑さを忘れさせてくれる寛ぎ空間になっています
会期は8月7日(日)まで
d0163527_17133349.jpg


福生駅周辺ではちょうど明日より七夕まつりがはじまります
今日も賑々しく準備されていました
ぜひお出かけくださいね
[PR]
by torika-san | 2016-08-03 17:14 | おでかけ | Comments(0)

2016 北海道

夏休みに入る前の3連休
美味しい海の幸をもとめて北海道へ♪

旅のメインは北海道在住の友人におすすめされた積丹半島ドライブ
札幌から小樽・余市を経由して到着したのは
日本の渚百選に選ばれている`島武意海岸’(しまむいかいがん)
d0163527_10552090.jpg

d0163527_1055408.jpg

d0163527_10555998.jpg

積丹ブルーの絶景です
透き通った海と切り立った岩の迫力
そしてまあるい水平線
見飽きることのない景色でした

そしてお待ちかねのお昼~
地元の漁師さん直営の人気店「お食事処 積丹の幸 みさき」です
お店の内にも外にも順番待ちのお客さんが大勢で待ち時間は1時間
はい、待ちますよー(東京では絶対に待ちませんが)
d0163527_1131994.jpg

どーん
こちら人気の生ウニ丼2600円也
敷きつめられたウニとその新鮮な味わいには感動です
1時間待ちの価値あり!そしてお安い!!
また絶対に来たい!いや、来る!!

札幌へ帰る途中、小樽に寄り運河のあたりと小樽ガラスのお店を散策
(小樽は3度目なのでさらーっと)
夜は友人と合流し地元で人気のお寿司屋さんで海鮮三昧
あー幸せ

最終日は支笏湖へ
支笏湖は国内で2番目に深いカルデラ湖
水深は最大363mというのですから神秘的です
生憎のお天気で周辺の景色はイマイチでしたが
水中遊覧船がなかなかおもしろかったです
d0163527_11205954.jpg

浅い辺りの湖底の砂地には美しい縞模様の波紋が

d0163527_1122268.jpg

d0163527_11221458.jpg

そして柱状節理(ちゅうじょうせつり)
これはカルデラ生成時にマグマが急激に冷やされ収縮した際にできた割れ目のことで
まるで水中に沈む宮殿のような厳かな雰囲気でした
デッキから臨む湖面も深いコバルトブルーで水の透明度が高いことが良くわかります
そして
d0163527_11194567.jpg

d0163527_1120069.jpg

船着き場辺りではエゾウグイの群れに囲まれ
まるで船内にいる私達の方が観られているような気分に
何気にこれが一番面白かった

敷地内のビジターセンターにはヒグマの剥製
d0163527_11304617.jpg

すぐ近くの道路でのヒグマの目撃情報も多数寄せられており
のんびり山歩きというわけにはいかないようですね

あっという間の2泊3日
後ろ髪を引かれつつ新千歳から羽田へ
帰りの車中でもまだまだ思い出せる口いっぱいに広がったウニの余韻
夏のお出かけといったら海、というのが定番だった我が家ですが
北海道=美味しい、が娘の記憶にもしっかり焼付いたので
また近いうちに訪れたいです!!
[PR]
by torika-san | 2016-07-27 11:41 | おでかけ | Comments(2)

『西洋更紗トワル・ド・ジュイ』展へ

今日から小学校は夏休みが始まりました
とはいえ、生憎のお天気でまだ実感はありませんが
長期休みは何といってもお昼の支度が悩ましいところですが
いっしょにお料理でもしながら楽しく乗り切りたいものです

そんな訳で約40日間の夏休みを乗り切れるよう
身軽なうちに、と
先日『西洋更紗トワル・ド・ジュイ』展を鑑賞してきました
d0163527_15115693.jpg

インド発祥の更紗がヨーロッパにもたらされ
ドイツ出身のプリント技師オーベルガンプによってフランスならではの発展を遂げたトワル・ド・ジュイ
ヴェルサイユ近郊の村、ジュイ=アン=ジョザスで生産されたことが名前の由来です
それまでは絹やウールが主体であったテキスタイルにコットンプリントを用いた製法で人気を博しました
植物や鳥などをモチーフにした木版プリントもお馴染みですが
トワル・ド・ジュイといえばやはり銅板プリントによる繊細な田園風景のデザインです
人物や動物たちが生き生きと描かれ風の音や会話が聞こえてくるかのようです
優雅でありながら牧歌的でもある
今回の展覧会を通してさまざまなデザインと出会い
それまでイメージしていたトワル・ド・ジュイの印象が少し変わり
より親しみを込めて楽しむことができました

鑑賞後は気に入ったデザインのポストカードを購入
眺めては余韻に浸っています

Bunkamuraでは「ドゥマゴパリ祭」というイベントも開催中で
フランスのアクセサリー、アンティーク雑貨、手芸雑貨などのショップが多数並んでいました
ちょっと覗いてみたのですが、誘惑に負けてしまいそうで早めに退散しました(笑)

その後は帰宅のタイムリミットまで奥渋を散歩
‘Fuglen Tokyo’でサクッとランチしました
ここはノルウェー・オスロの老舗コーヒーバーの2号店でかなりのお洒落カフェでした
エスプレッソを注文したのですが想像をはるかに超えた初めて経験する味わいでしたよ
途中、小学校からの一斉メールで、下校時刻に誤りがあり予定より30分早い下校となる旨の知らせが届いたので、後ろ髪をひかれる思いでお店を後にしました
次回はもっとゆっくりしたい!!

というわけで
ひとり時間はしばらくおあずけですが
夏ならではのお楽しみに思いを馳せて充実した日々を過ごしたいものです
[PR]
by torika-san | 2016-07-21 16:03 | おでかけ | Comments(0)

カルトナージュ展示会~Petit PARIS プティ パリ

作品展まではアウトプットの日々で
このところインプットが足りていないというか枯渇感がハンパない感じになっておりまして...

そんな折にカルトナージュのレッスンでお世話になっているCartonnage Tama-tebakoの先生より
素敵なカルトナージュの展示会のお知らせがありました
d0163527_15481340.jpg


Petit PARIS
プティ パリ

先生の御師匠であるカルトナージュ作家 よこた圭子先生の作品
しかも手のひらサイズのちいさな作品を集めた展示会とのことで
さっそくときめき注入してまいりました

販売もされていて手に取るのもO.K.とのことでしたのでじっくり鑑賞
指輪入れや引き出しタイプのピアス入れ
ベビーカー型のソーイングボックスなどアイデア満載です
ルージュ入れやマスキングテープ入れなどは
それぞれ1つだけを納めるタイプでなんと贅沢なことでしょう
自分の身の回りのものにそれだけのための入れ物があったならどんなにか素敵なことでしょう!!
妄想が膨らんでしまいました

こちらの展示会は26日(日)まで
カルトナージュ作品とともにパリの雑貨や風景写真も展示されています
趣ある空間もあわせてお愉しみいただけると思います

Petit PARIS
プティ パリ
6月23日(木)~6月26日(日)
11:00~18:00(最終日は17:00まで)
Arrow 57.marketing,Inc.(森岡書店地下)
中央区銀座1-28-15 鈴木ビルB1F
[PR]
by torika-san | 2016-06-24 16:30 | おでかけ | Comments(0)

GUAM 2015

東京が連続猛暑日の記録を刻む只中に日本を脱出
グアムで4泊5日のバカンスを楽しんでまいりました

昨年に続き2度目のグアム
前回は主要ホテルやDFS、ショッピングモールが立ち並ぶグアム観光の拠点タモンエリアにステイしましたが
今回はそこから少し離れたタムニングエリアのホテルに泊まり、とにかく海とプールを満喫してきました

ホテルはオンワード・ビーチ・リゾート
日系のホテルなので海外感はあまりありませんがお部屋も広くとっても過ごしやすかったです

21階のお部屋のバルコニーから臨むハガニア湾の景色
d0163527_124435.jpg

バスルームからもこの通り
d0163527_1243056.jpg


写真左の海にポッカリ浮かんだ無人島アルパット・アイランドにはホテル前のビーチからカヤックで上陸することができます
遠浅の海なのでもちろん歩いていくこともできます

シュノーケリングではたっくさんのお魚に会いましたよ
d0163527_12314113.jpg

d0163527_12315539.jpg

d0163527_1232557.jpg
d0163527_12321550.jpg

夫に手を引かれお魚を探しながらシュノーケリング
グアムの海は自分たちのペースで楽しむことができるのが魅力です

隣接のウォーターパークは距離の長い流れるプールや波のプール、各種スライダーなど充実していて
ミニミニ・サマーランドといった感じ、小2の娘は大喜びでした
波のプールではボディボードも初体験しました

移動日以外の3日間は朝から夕方までとにかくプール・海・プール・海,,,,,で真っ黒に日焼けしてしまいました
出発前日に発生した台風13号はサイパンに逸れたためお天気にはほとんど影響なし
時折やってくるスコールはむしろ気持ちがいいくらいでした

プールを早めに切り上げた日にはタクシーで10分ほどのアウトレット・モールへ
最終日はタモンに出かけDFSやショッピングモールをぶらり、とショッピングも満喫♪
良く遊び、よく食べ、早寝早起きと健康的な5日間で身も心もリフレッシュできました

さて夏休みも半分終わり
宿題・絵日記・自由研究etc.
早く終わらせてスッキリしたいですわ
[PR]
by torika-san | 2015-08-08 18:40 | おでかけ | Comments(0)

夏のアート&クラフト展へ

暑中お見舞い申し上げます

夏休みに入ってすぐ帰省したり
小学校の補習やらプールやらで気忙しくしておりましたが
昨日は娘がキャンプに出かけ
久しぶりにひとりの時間をもつことができましたので
そのすきにハンドメイドのお仲間のイベントに出かけてきました

福生のエスニックカフェ アルルカンさんにて恒例の
『夏のアート&クラフト展』は
布小物・ガラス・イラスト・革小物・金属工芸・パステル・水彩画・アクセサリー・スィーツ粘土など
多岐に亘る作品が一堂に会したイベントです
d0163527_1818948.jpg

d0163527_18182729.jpg

中世のヨーロッパを彷彿させる店内は外界と明らかに時の流れが違い
とてもゆったりした気持ちになります
美味しいケーキとお茶、楽しいおしゃべりで暑さに疲れた身体が元気を取り戻しました

『夏のアート&クラフト展』
会期:8月9日(日)まで
時間:11:30~19:00
会場:エスニックカフェ アルルカン 福生市加美平1-14-4 tel 042-553-4711

身も心も癒されたい方におススメです



娘が居ないついでに夜はお外でご飯
久しぶりのメキシカンです!!
d0163527_1829831.jpg

ちょっと食べすぎました


そして今日
娘はキャンプから無事に戻りました
自分たちでのテント張りや川遊び、カレー作りに流しそうめん
夜は暑くてなかなか眠れなかったことや
朝は川のお水で顔を洗ったこと 等々
楽しい報告は尽きず延々としゃべり続けていましたが
気づいたらソファで眠ってしまっていました
明日絵日記描こうね♪
[PR]
by torika-san | 2015-07-29 18:42 | おでかけ | Comments(0)

クラシック鑑賞

週末は友人の所属する市民フィルの定期演奏会を鑑賞
ホールでクラシックというと敷居が高いと思っていましたが
友人の誘いで鑑賞する機会を得てから4年余り
身近なものとして楽しむことができるようになったこと、とても嬉しいです

今回の曲目は
チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
ベートーヴェン/交響曲第3番 変ホ長調 作品55『英雄』

ヴァイオリンの独奏は渡邊達徳さん
音大4年に在学中で国内外のコンクールでは多数入賞され、リサイタルや演奏会をはじめ
ライブサポートやテレビなどにも出演するなど活躍されています

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲といえばあまり音楽に精通していない私でも`のだめ’などでお馴染みですのでとても楽しみにしておりましたが、やはり素晴らしかったです
ヴァイオリンという楽器の魅力が満載で、どうしてこんなにも人の心を揺さぶる音を奏でることができるのかと前のめりで聴き入ってしまいました
となりで鑑賞していた娘も圧倒されたのでしょうか、頬が少し紅潮していました
曲が終えると会場からは惜しみない拍手喝采
私も若きソリストのしなやかで躍動感あふれる演奏に触れ心が熱くなりました

ベートーヴェンの英雄はとにかく壮大な交響曲
耳が聞こえなくなるという絶望の淵から這い上がって作った最初の交響曲とのことで
その深い味わいを楽しむということのようなのですが
まだまだ未熟な私には感想を語る域には達していないようです
それよりなにより、あんなにも長時間演奏し続けるすごさ、というのが率直な感想
ひとつひとつの音を奏で全員で大きな曲目を作り上げていく
その音楽に真摯に取り組む演奏者の姿にただただ尊敬するばかりでした
素敵な時間をありがとう

次回は11月のオータムコンサート
シューベルト・モーツァルト・シューマンの曲目とのこと
楽しみです♪
[PR]
by torika-san | 2015-06-29 14:52 | おでかけ | Comments(0)