<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

花ざかり

暖かな陽気に誘われてお散歩
沈丁花に木瓜、ハクモクレン、満開のミモザはまるで黄色いシャワーのよう
先週歩いた時はまだ咲いていなかったオオイヌフグリや菫も花開き
八重の桜もほころび初めました
ソメイヨシノはまだ蕾・・でも先端のピンク色がポカポカ陽気で一層膨らみを増したようです

明日で3月も終わり
いろいろな出来事がありすぎて「もう3月・・」とも「まだ3月・・」ともいえない感じ
そんなおぼつかない私を余所に花は咲き季節を告げていきます

d0163527_20523546.jpg

我が家の庭にしっとりと咲いたクリスマスローズ
嗚呼 可憐な姿に癒される・・
[PR]
by torika-san | 2011-03-30 21:01 | 暮らし | Comments(0)

新作ダーラヘスト

風はまだ冷たいけれど窓辺には暖かな春の陽射し
d0163527_20214250.jpg

春本番が待ち遠しいですのぉ
[PR]
by torika-san | 2011-03-27 20:24 | 羊毛フェルト | Comments(2)

忘れないでいること

連日の報道で知らされる震災の爪痕
被災地ではいまもなおライフラインや支援が十分でなく医療が行き渡らないためにせっかく助かった命が失われているという
原発もまだまだ予断を許さぬ状況で放射能の猛威は農作物や海水にも及び始めており
避難したいる方々はもちろん周辺の住民の不安も募っているであろう

そんな中で心温まるニュースもある
震災後9日目にしての奇跡の救出
被災地でたくましく産声を上げる新しい命
被災地に帰省した学生たちががれきの中に残された写真を集めて保管する活動を始めたという

そして尊敬すべき人々がいる
家族の安否がわからぬまま業務を行う役場の職員
自らが被災者でありながらも不眠不休で命を守る医師や看護師
国民のために命がけの放水作業を担った消防隊員

喜びと痛みが交互に押し寄せる日々
被災した当事者に代わることはできないけれど心は共にありたい
喜びも痛みも「分かち合う」ことをこの震災によって学んでいると思う

新しい旅立ちの季節
本来なら晴れやかな門出のセレモニーが中止されたり縮小されたりしているが
それ故になおさら思い出に残るのかもしれない
私事だが地震当日ははこギャラリーさんへ納品後、友人との何十年ぶりかの再会で懐かしい語らいの時を過ごした直後のことだった
それぞれの思い出や些細なエピソードとともにこの震災を忘れないこと
長い年月ののち復興を遂げ記憶が薄らいでもこの経験を忘れないでいることで傷ついた心が救われるのかもしれない
d0163527_14561922.jpg

ただひとり安否の確認ができていなかった主人の伯母ともようやく連絡が取れました
ご心配いただきましたみなさん本当にありがとうございました
[PR]
by torika-san | 2011-03-22 22:42 | 暮らし | Comments(0)

停電で気づくこと

地震後はじめて地元のショッピングモールへ行ってきました
エントランスの照明は消され売り場も節電モード、書籍売り場に至っては通常の50%位になっていました
「お米がない」「パンが売ってない」「何処其処のドラッグストアが激混み」etc.
友人たちのつぶやきに恐々としていたのですが思った以上に普通な感じ
確かにお米・ミネラルウォーター・インスタント食品・単一電池の棚は噂通りがらん、としていましたが
実際に目でみてやっぱり大丈夫とひと安心でした

節電のため実施されている計画停電
第3グループの我が家ではまず昨日18:30~20:30の2時間実施されました
いつ消えてもいいようにと夕食はおにぎり、それと卵を落とした具だくさん味噌汁に小松菜の胡麻和え
(節電を言い訳にいつもの手抜きメニューにさらに拍車がかかっております・・)
食べ出して間もなく真っ暗に
娘が怖がるかもしれないと停電が始まるちょっと前に「もしも電気が消えたらこんな感じね」とシミュレーションしていたので特に動揺はなく、ほ
テーブルに用意してあったランプ型の非常用電燈をつけ食事を済ませると
昨年ハロウィーン時にTDLで買った「おばけランタン」を持ち出してきて暗いお部屋で遊んでいました
初めての出来事でしたが予告されていたことなので不自由は感じませんでした

そして今日2回目の計画停電
15:30~18:20くらいまでだったかしら
まだ明るい時間の開始だったので大丈夫だろうと思っていたのですが
バタバタと過ごした昨日に比べたった3時間がとても長く感じました
厚着していたので身体全体としては寒さは感じませんでしたが足元は徐々に冷たくなってきました
だんだん薄暗くなる部屋の中でも娘は楽しく遊んでいましたが私がちょっとでも離れると
「おかあさん、こっち来て」とやはり心細いようでした
停電が終わり電気をつけ明かりのもとで娘の顔を見たとき思わず
「電気が点くってとっても素晴らしいことね」と発していました
今日も暖かいご飯が食べられること、暖かいお風呂に入って暖かいお布団で眠れること
もちろんこうやってブログをかけることにも感謝

夕日が沈むほんの数分前
我が家の壁にこんなシルエット
d0163527_0192090.jpg

いつもならカーテンを閉め当たり前のように電気を点けている時間帯
飾り棚のダーラヘストやグリーン達がこんな素敵な影絵模様を映し出していたとは知る由もなく
普段と同じように過ごさなければと思いながらもちょっと緊張していた気持ちがとても和らぎました

少しずつでもいろんなことが良い方向に進みますように
[PR]
by torika-san | 2011-03-18 00:39 | 暮らし | Comments(4)

地震4日目

地震発生当時私と娘は幼稚園から帰宅して程なくしたころで
私は2F娘は1F
ゆさゆさ、みしみしという音に私は階段を駆け下り長い長い揺れの間しっかり頭を押さえながら抱き合っていました
主人は出先で居合わせた人たちと書類棚を押さえていたとのこと
東京よりも揺れの強かった実家ともすぐに連絡を取り合うことができましたが
石巻の主人の親戚とはいまだ安否の確認ができず連絡を待ち続けています

日ごとに明らかになる被災地の状況を目にするたびに募る己の無力感
そしてつい先ほどあった余震に対する動揺
情報の錯綜・・・

それでも

心を静め
平常の気持ちをしっかり保ち
落ち着いて
自分ができることをする
 
震災というどうにもできない大きな脅威にしっかり目を見開いて受け入れ生きていかなければ

ひとりでも多くの命が助かりますように
1日でも早く離れ離れの家族が会えますように
[PR]
by torika-san | 2011-03-14 10:29 | Comments(2)

ドイリーと新作ダーラヘスト

d0163527_20334760.jpg

ドイリー編みました
いままでは単体のモチーフばかり編んでいましたが初めてつなげてみました
これは先日主人の実家が建て替えをしたので新築のお祝いに義母へ贈ります
スカーフとかケープとかも作ってみたいな

そしてもうひとつ、ダーラヘストの新作です
ベースはナチュラルのライトという染色していない色で
模様は初の試みで単色にしてみました
単色での模様入れもずっとやってみたいと思っていたのですが
試してみたらなかなかいいじゃないですかー
ベースがミックスカラーなのでなおさらいいのかも

明日このお馬さんは小平のはこギャラリーさんへ鳥オブジェやパンダマグネットとともに納品します
[PR]
by torika-san | 2011-03-10 20:35 | 羊毛フェルト | Comments(0)

パンダマグネット

d0163527_9293441.jpg

ちょっと前ニュースがパンダ来日で一色だったころに作ってみました
パンダマグネット
目には刺し目ボタンを使いました
娘には「さみしそうな顔してる」と言われてしまいましたが
哀愁のパンダ・・?やっぱりお顔は難しい・・

私にとってパンダといえば断然ランラン・カンカンですよー
幼稚園の親子遠足で上野動物園に見に行ったこと鮮明に覚えています
当時はパンダがどれほど珍重されていたかなどは分かっていなかったとは思いますが・・
むしろ大人になった今のほうがあの白黒の模様や笹の葉を食べるが不思議でなりません
主人曰く「絶対中に人が入っている」そうな
背中にチャックあるかも・・
[PR]
by torika-san | 2011-03-08 09:44 | 羊毛フェルト | Comments(4)

マス・ヤマメ解禁・・そして春の雪

昨日は地元の川のマス・ヤマメ解禁日で
釣り好きの主人に誘われるままお散歩がてらふらーっと釣りへ
風もなく穏やかな陽気でいつもは閑散とした河原には大勢の釣り人が
主人曰く1年のうち解禁日にだけ釣りをする人も多いのだそう

娘も初めは割り箸とひもで作った‘なんちゃって釣竿’を川面に垂らしておりましたが
お父さんが本物の竿を持たせてくれてちょっと得意顔でした

いつもながら出足が遅く出かけたのも3時過ぎで
お魚たちはまぁいるものの収穫はありませんでしたが
のんびりとした夕暮れ・・悪くないなぁ
d0163527_10274118.jpg


と昨日の穏やかなお天気から一変、雪の朝となりました
幼稚園に送り届けるころにはすでにあたり一面真っ白で
積もった雪とそこからのぞく紅梅が不思議なコントラストを描いていました

春の雪で思い出したのが三島由紀夫の「春の雪」
高校時代に初めて読んでから何度も読み返している私にとって珠玉の小説です
自身の最後の小説となる「豊饒の海」4部作の第1巻であり
叶わぬ恋の儚さ、登場人物の苦悩する心情、そして美しい文章に加え輪廻転生という壮大なテーマにのめりこんだものです
当時全巻読破はしましたがシリーズの後半はかなり難解で実はあまり理解できなかったのですが
今日の雪を見てまた読み返してみたくなりました
20年以上経た今なら理解することができるのかな

それにしても今日の雪は‘春の雪’らしからぬ大雪・・
幼稚園のお迎え行けるかしら(スタッドレス履いてないの・・)
[PR]
by torika-san | 2011-03-07 11:10 | おでかけ | Comments(0)

‘聖地’アナンダさんへ

3月に入り春休みがひしひしと迫ってまいりまして
自由の利くそれまでの日々を有効に過ごしたいなぁといろいろ計画を練っております今日この頃
予てより1度は訪れたいと思っていた吉祥寺の羊毛専門店「アナンダ」さんに行ってまいりました
頻繁に使うロムニーの白の在庫が少なくなったこととそろそろまた新しい色が欲しいなぁということで
いつもは色見本を頼りにネットで注文しているのですが時にちょっとイメージと違ったな・・ということもありまして
それとまだ使ったことのない種類の羊毛も実際に見てみたいなぁ・・などと思いを巡らせながら、いざ

扉を開けると壁一面に羊毛・羊毛・羊毛
いつも使っている染色羊毛はもちろん何百種もの染色されていない原毛が棚いっぱいに埋まっていて何とも言えないほっこりとした空間でした
見本でディスプレイされているフェルトバッグは大きいものから小さいものまでどれも素敵で
かつどれもしっかりとした出来!目指すべきはこれだなぁ・・とためいき
ちょうど店内では紡ぎ車で紡毛糸のレッスンを受けているおばさまがいらっしゃいました
自分の紡いだ糸でセーターやマフラーを編むなんて素敵!などどまた新たな野望もちらり・・
いやぁぁぁ奥が深いわ~

というわけでロムニーのまだ使ったことのない4色(さくら貝・オレンジ・コバルトブルー・トルコ石)と紺色のメリーノに加えこんなものを
d0163527_21531369.jpg

レインボー染めのネップ(羊毛の粒)です
アナンダさんのホームページでは見かけたこともあったのですが
実物を見て??どうやって使うのかしら??
スタッフさんにお伺いしたところ糸を紡ぐときに混ぜてつぶつぶ入りの毛糸にしたり(そういえばそういう毛糸見かけますよね)
フェルトバッグの模様づけに使うのだそうで、ちょっとおもしろそうだったので1パック買ってみました

羊毛専門店というのはそうそうあるわけではなくアナンダさんへは全国からお客様がいらっしゃるのだそうです
それほど遠くない私はかなり幸せなのかも・・
また在庫が少なくなったら行きたいな・・そのためにもたくさん作らないとね

アナンダさんを後にしてしばらく吉祥寺散策
とはいえまだ午前中の早い時間であまりお店はオープンしていなかったのだけれど
20代のころはたまーに遊びに行ったりもしたけれどその当時とはだいぶお店も入れ替わっているのだろうな
それにしてもさすが何年も続けて「住みたい町」ナンバー1に選ばれているだけあって
お洒落な佇まいのお店から庶民的な商店、行列のできる人気惣菜店など楽しげな様子に改めて納得
繁華街と住宅街の距離感もちょうどいいのかな

d0163527_22273722.jpg
せっかく来たのでお土産を
アナンダさんに向かう途中、高架下で見かけた大きな文字で「ロール」と書かれた看板
横目で店内を見るとどうやらロールケーキ屋さん
「おみやげはこれね」とすでに決めておりました・・
豆乳ケーキ「はらロール」
となりには姉妹店のはらドーナツもあったのですが
その前に立ち寄ったドンクでドーナツを買ってしまっていたのでここは予定通り
はらロールの白巻(こくのある定番ロールケーキ)と青巻(軽めのヘルシーロール」ときな粉の3種を選びました
夕食後いただきましたがふっわふわでクリームがとっても軽く
思ったよりも厚切りカットで食べごたえあり
おそらく娘が1番たくさん食べたかも・・そうよね、美味しかったものね
[PR]
by torika-san | 2011-03-04 22:40 | おでかけ | Comments(2)

羊毛フェルトの鳥オブジェ

‘トリかあさん’と名乗りながらこれまで鳥は作ったことがありませんでした
羊毛フェルト作家さんでも鳥を専門に作られている方は大勢いらして
そのとってもリアルな作品に感嘆の声を上げながら
私が作りたいと思っているのはどんな鳥なのかしら・・とずっと考えていました
最近になってようやく好みのフォルムがまとまってきて
ひとつ作ってみたらもうちょっとこんな感じ、こんな感じもどうかなぁ・・などと
微妙に形を変えながら作りためて7羽できたのでちょっとここでお披露目してみます

羊毛フェルトの鳥オブジェ
d0163527_2034121.jpg

あえて大きさも形も違うものを作ってみました
1羽で飾ってもいいけど並べて飾るのもかわいいかも・・
もっとほかの色でも作ってみたいな
[PR]
by torika-san | 2011-03-02 20:08 | 羊毛フェルト | Comments(6)