<   2011年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

幼稚園ママ始動

今日からいよいよゴールデンウィーク
娘の幼稚園は5/2が開園日、5/6はファミリーデーと名付けられ10日間の連続休暇となります
昨日は年に一度の父母の会総会というものが行われ参加してきました
幼稚園では父兄に対し「一人一役」としてクラス役員や各行事の実行委員、プール授業でのサポートや大掃除のお手伝いなど受け持つことになっています
私の場合専業主婦であることや小さな弟妹もいないこともありクラス役員をお引き受けすることにしました
他のクラスの役員にはプレ時代からよく知っているお母さんもいてほっと一安心です

総会後、せっかく集まってもらったということで園長先生がこどもの応急処置の練習会を催してくださいました
人形を使っての気道確保や肋骨圧迫の方法、AEDの説明など
特に圧迫する位置や速度など実際に経験できたことはいざという時の備えに大変有意義でした
もちろんいざという時が来ないことを祈りつつ・・

その後は年少の役員さんたちと近くのファミレスでランチ
よく見かけたり聞いたりする光景でしたが自分もそこにいることで幼稚園ママになったことを改めて実感しました
同じ役員を引き受ける者同士、気持ちも通じるものがありとても楽しいひと時・・1年間楽しく務めたいと思います

娘をバス停で迎えると連休前ということで持ち帰ってきたのは上履きや着替え、加えて膨大なお便りの数々
そしてその中に母の日の贈り物が入っていました
クレヨンの弱ーいタッチ(笑)で描かれた‘おかあさん’
「ピンクのおリボンもつけてあげたよ!」と自慢げに娘
「あーこれがおリボンね(・・これかな?)」と私

初めてもらった母の日のプレゼント
ボックスティッシュのカバーとして使えるフレームにおさめられていましたが使わずに飾っておくとしましょうかね


4月中は日中も時間の許す限りフェルト製作に充てていました
その割にはあまり作品のアップがなくてごめんなさい
いろんなものを同時進行しておりまして・・模様待ちのダーラヘストやマグネット、アレンジ待ちの羊毛ボールなどなど
連休突入でまたまた進行が停滞しそうですが・・どうなる5月!?

どうぞみなさん心休まる休日を
[PR]
by torika-san | 2011-04-29 09:19 | こそだて | Comments(2)

4年ぶりのお芝居

d0163527_013876.jpg

週末は娘を義母にみてもらい主人と2人で友人の役者Iさんが出演しているお芝居を観てきました
前回観たのは妊娠期・・ということで実に4年ぶりの観劇です
もともとは主人の友人であり、まだ私と主人が先輩と後輩の関係であったころに紹介され
それからずっと友人として付き合うこと今年でちょうど20年
お芝居のあるごとに欠かさず直筆の案内を送ってくれて
友人を誘ったりまたひとりで劇場に足を運んだり・・
私と主人が結婚するきかっけとなったのも7年前にひょんなことから主人と再会しIさんのお芝居を一緒に観に行ったことからでした
そんな切っても切れない縁のIさんはとにかく芝居、しかも小劇場でのお芝居一筋で
シェークスピアやチェーホフからコミカルなもの、そして今回のような音楽劇までさまざま
大きな劇場でのお芝居はもちろん素晴らしいですが小さな劇場独特の臨場感はまた特別なものがあり結構クセになります
役者さんの汗も飛んでくるし(!)
思い起こせばいろいろな劇場に行ったものだわ
新宿・恵比寿・銀座・新井薬師・王子etc.そして今回は笹塚
都内には「こんなところに!」という場所に劇場があるものなのです

終演後少しだけお話してきました
舞台で演じている姿は変わらないなぁと思いつつもお髭には白いものが混じったりして
主人より少し年上のIさん、独身
最近ちょっとだけ幸せだと照れながら笑った顔がとても印象的でした
またそう遠くないいつか
[PR]
by torika-san | 2011-04-26 00:05 | おでかけ | Comments(0)

サマーリース

d0163527_14412830.jpg

このところは肌寒く毎朝着る服にも悩んでしまいますね・・・
少し気が早いですがサマーリースを作りました
これは6月に開催予定の作品展(詳細は別途紹介させていただきます)用に準備したものです
先日来作り貯めていた羊毛ボールや貝殻、ソーラーローズを配したり夏っぽい生地でリボンワークを施すなどしています
土台のリースの直径は約15センチと小ぶりですが、盛り盛り感たっぷりで存在感のある仕上がりになりました
生地やリボンの色を変えてもう少しバリエーションを増やす予定です

今日は別のアイテムも試作してみましたが頭で思い描いているようにはうまくいかず
問題点・改善点が多発しておりますが・・・・・がんばりますよー
[PR]
by torika-san | 2011-04-22 14:43 | 羊毛フェルト | Comments(4)

うららかな日々

遅咲きの八重の桜が花開き街路には色とりどりのハナミズキや小さな釣鐘型のドウダンツツジの花
そして銀杏の木には若葉が芽吹き清々しい姿で空を仰いでいました

ゆっくりゆっくり満開となった今年の桜
いつもならちょうど見ごろになったころ雨が降るのに今年はやっぱり雨が少ないですね
そのおかげもあって今年はいつもよりお外でご飯を食べることが多かったような
近所のお友達と集まったり家族で出掛けたり・・
震災や寒い日の続いた春休みにおうちに閉じこもっていた反動でしょうか
こどもたちが半袖で走り回ったりお顔を真っ黒けにしながら砂場で遊ぶ姿に安らぎを感じました
d0163527_1281137.jpg

明日からはいよいよ幼稚園の給食が始まります♪
[PR]
by torika-san | 2011-04-18 12:18 | おでかけ | Comments(0)

ダーラヘストな仲間たち

d0163527_005710.jpg

私のダーラヘスト好きを知る友人がプレゼントしてくれました
丸いのは赤いダーラヘストのマグネット
1番手前は持ち手部分のお馬のくり抜き模様が可愛らしいバターナイフです
「もったいなくて使えないわ~」という私に
「使っているうちにどんどん味が出てきていいのよ」と彼女
それでもやっぱりもったいなくてまだ使っていません
そろそろ試してみようかしら

奥に写るは久しぶりに作った赤い羊毛のダーラヘスト
せっかくなのでみんないっしょにパチリ
模様待ちのお馬さんだけどこのまま無地でもいいかな
[PR]
by torika-san | 2011-04-17 00:22 | 北欧 | Comments(0)

巣立ちのとき

昨日は娘の入園式でした
新入園児は総勢120名!
それにほぼ全員の園児に両親が連れ添い式典の行われたホールはぎっしりで圧巻の光景でした

すでに昨年度満3歳児入園でプレクラスには通っていましたが
さすが年少となるともう名実ともに立派な幼稚園生
新しい先生、新しいお友達、新しい制服に鞄にお道具etc.
娘にとっては心ときめく半面これまでと勝手が違うこともしばしばあることでしょう
プレクラスよりクラスの人数はほぼ倍、しかも来週からはバス通園が始まります

親子共にしばらくはそわそわな日々(娘は案外そうでもないのかなぁ・・)
楽しい幼稚園生活が送れますように


そして今日は河原の公園でお花見
入園のお祝いにと主人がずーーっと娘に買いたいと思っていた‘STRIDER’というランニングバイクを携えて
この乗り物、自転車のペダルがないタイプで自分の足で地面を蹴って進みます
これを熟達すれば補助輪なしの自転車にすぐ乗れるようになるのだとか・・
はじめはおっかなびっくりで表情も硬かったもののすぐにコツをつかんでちょっとした斜面にもチャレンジしていました
運動神経にやや難あり・・なのでこの新しいお外遊びの‘パートナー’と仲良くなってほしいわ~
d0163527_22531666.jpg

今日は思ったよりお天気が回復せず花曇り
桜並木を見上げるとまだ先端のほうには蕾もちらほら
来週末も楽しめそうです
d0163527_2252018.jpg

[PR]
by torika-san | 2011-04-10 23:01 | こそだて | Comments(6)

桜色のダーラヘスト

新作ダーラヘストは桜色の羊毛をつかいました
d0163527_22561619.jpg

模様もチェリーピンクやオレンジ、空色で明るい気分になれるように

千鳥ヶ淵の桜が満開とのこと
この辺りはまだ5分咲きくらいだけれど
一足早く雪柳が満開の時を迎えています
来週はこどもたちと公園でお花見・・楽しみだな
[PR]
by torika-san | 2011-04-08 23:02 | 羊毛フェルト | Comments(2)

新作準備

昨日のポカポカ陽気から一変、今日は冬へ逆戻りで桜も足踏みでしょうか
毎年出かけていた多摩川沿いのさくらまつりは中止との看板が掲示されていました
今年はしっとり桜を愛でながら元気をもらうとしましょうか

羊毛フェルト製作には変わらず勤しんでおります
最近は新作に向けてひたすら羊毛ボールづくり
d0163527_20413230.jpg

用途に合わせて大きさも微妙ながらさまざま準備
まだ頭の中でシュミレーションしているだけなので製作過程で思い通りにいかないこともあるかもしれませんが
いまはとにかくまる・マル・丸・・
それにしてもこの作業、とっても和みます
羊毛セラピー・・なんてね
[PR]
by torika-san | 2011-04-03 20:49 | 羊毛フェルト | Comments(0)