<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カルトナージュ#2~正方形の箱

先月の体験レッスンでカルトナージュの愉しさを知り、早速2回目のレッスンに行ってきました
初めての箱もの
d0163527_9215550.jpg

正方形の箱(落し蓋タイプ)です
サイズは13.5cm四方、高さは6cm
生地はリバティの`スモール・スザンナ’というシリーズ
体験レッスンの際、先生からリバティの生地は薄くて張りがありカルトナージュにはとても使い易いとお奨めいただいたので選んでみましたが、なるほど、カートンに貼る際にもシワにならずピタッと貼りつき、角もシャープに決まるので初心者の私には最適でした
内側にはグリーンのクロスを使用
クロスというのは、高級めの本の表紙に使われているあの布のことです
切りっぱなしで使えるので便利ですが無地なので、誤ってボンドをつけてしまうと染みが目立つ為、中面、特に底面をつける時には細心の注意が必要です
d0163527_9562178.jpg

d0163527_9563439.jpg

エレガントなリボンと薫風を運んでくれるような佇まい
初めてにしては大満足の仕上がり♪

といいたいところなのですが、ふた裏と外底面の生地の貼り付けを残してタイムアップ
宿題となりました
底布は難なく貼れたのですが
ふた裏に貼るクロスをケント紙に貼る際にボンドの塗りが甘かった為か空気が入ってしまい凸凹に...涙
外からは見えないとはいえ、やはり初めての箱作品で思い入れもあり、やり直すことに
次回のレッスンで再度資材をご用意いただけるよう先生にお願いしましたので完成はその時までお預けです

カルトナージュは同じレシピでも生地のデザインで全く雰囲気の違うものになります
そのため生地選びはかなり重要
でもそこがまた楽しいところでもあります
布の厚みによっても制作の過程でカートンのサイズをミリ単位で微調整しながら組み立てていく必要があり、ピタッと決まった時には実に気持ちがいいのです

満を持して始めたカルトナージュ
すっかり虜です
(羊毛フェルトはどうしたの?? はい、やってますやってます 笑)
[PR]
by torika-san | 2015-05-28 10:30 | カルトナージュ | Comments(0)

家を整える

我が家に新しい多肉植物が仲間入り

‘白雪ミセバヤ’

d0163527_11131461.jpg

青みがかった銀灰色の葉がもろ好みで即決
(このタイプの植物はとにかく好き。白妙菊とかコチアとか、ユーカリも。ハハコグサも大好きでどこかから種が飛んできて寄せ植えにひょっこり生えてきてもかわいいので抜きません)

d0163527_11241737.jpg

黄色い星形の小さな花が愛らしいです


そしてこちらは‘ハオルチア・ファスキアタ’
和名は‘十二の巻’(ジュウニノマキ)というのだそうです
d0163527_11273923.jpg

花茎がにゅうっと伸びて赤みがかった白い花が咲くそうです 楽しみ


どちらも乾燥気味がお好みのよう
ついついお水をやりすぎてダメにしてしまうパターンなので気をつけないと


清々しいこの季節にはおうち仕事が捗ります
数週に亘って流行りの断捨離を敢行したおかげでお部屋の中がすっきり(こころもすっきり!)しました
その流れで模様替えをしたり家具を新しくしたり引き出しをひとつひとつ整理してみたり
ま、日頃きちんとしていればいいことなのでしょうけれど...ね

これから本棚用の目隠しカーテンを縫います
布を購入してひと月
水通しもしてスタンバイO.K.だったのですが
昨日ようやくいい感じにポールを設置できたのでやる気が途絶えないうちに一気にやりますよー(笑)
[PR]
by torika-san | 2015-05-25 11:54 | 暮らし | Comments(0)

前の日

ゴールデンウィークが終わると小学校は運動会一色となります
連日ダンスの練習での先生の熱のこもった指導や鼓笛隊の演奏などが体育館から聞こえ
この家に引っ越してきてからの季節の風物詩となっています
今朝は1時間目からソーラン節でした
つとに思うのですが
小学生が運動会でソーラン節を踊る、という文化はいつごろから始まったのでしょうかね
この地域では4年生が踊るのが恒例で
5月の運動会と地元の夏祭り、そして町内会の盆踊りでももれなく踊っています
私たちの時代にはありませんでしたよね...


ところで
明日は娘の誕生日です
8歳になります
8年前の今日は朝から陣痛らしきものが始まり、だんだん規則正しくなってきたのでお昼頃入院しました
そこから生まれてくるまでに30時間以上もかかるとは想像もしていませんでしたが
その日もそして生まれた日も今日のように5月の眩しい陽射しがいっぱいの日でした
毎年誕生日には贈り物にメッセージカードを添えています
生まれた日のことと、ここまで無事に育ってくれたことに感謝しながら
メッセージ書こうと思います

d0163527_1156645.jpg

レオナール・フジタ(藤田嗣治) 「誕生日」
[PR]
by torika-san | 2015-05-14 12:06 | 暮らし | Comments(0)

春登山 日ノ出山~つるつる温泉

今年のゴールデンウィークはお天気に恵まれましたね
毎年週間予報を気にしながら計画していた登山
今年はいつでもO.K.ということで行ってきました
目指すは日ノ出山!
金比羅山~金比羅尾根~日ノ出山からつるつる温泉へ下山するルートです

金比羅山は一昨々年娘が山登りデビューした思い出の山
ちょうど紅葉の時期でしたが、今回は新緑と躑躅の花に迎えられ、見覚えのあるコースでも違った景色が楽しめました
琴平神社で安全祈願した後いよいよ日ノ出山を目指します
途中バードコール(ねじのきしむ音で鳥のさえずり声のような音を出す道具。バードウォッチング用)を鳴らしたり口笛を吹くと鳥たちがそれに応えてくれます
「鳥と会話してるみたい!!」と娘も大はしゃぎ♪

d0163527_16483788.jpg

尾根道では爽やかな風が吹き抜けとても心地よいです

少しのんびり歩きすぎて山頂まではまだまだのようなので
お昼は木が伐採された見晴らしの良い地点で
d0163527_1653124.jpg

d0163527_16565261.jpg

おかげでゆっくり休憩できました

ところでこのコースの途中には木が間伐されている箇所がいくつかありました
d0163527_16583996.jpg

d0163527_16585393.jpg

これは「多摩の森林再生事業」によるもので平成14年から50年計画で実施されているものだそうです
昭和30年代に多く植林されたスギやヒノキが手入れされないまま密植状態となり暗い森林が増えているのだそうです(確かに怖いくらいたくさんの樹木がそびえ暗い個所はよく見かけます)
暗い森林では地面まで光が届かず草が生えなくなり土壌の裸地化が進んでしまいます
そうなると土砂が流出したり水を地下に浸透させる機能が低下するなど森林の持つ働きが十分に発揮されないのです
d0163527_1783799.jpg

登山道でもこのように土砂が流れて根っこがむき出しになっているところがありました
間伐したところは針広混交林化されるとのことで、広葉樹が多く植林されていました
つまりはスギ花粉の削減も目的であるということで、私としては喜ばしい限りなのです

さてさてようやく山頂まで0,5kmという表示があらわれましたがここからが結構きつい登りになっていました
3人縦列でここまでやってきましたが山頂まではそれぞれのペースで
そしてついに頂!!
標高902m!!
d0163527_17221841.jpg

高さはそれほどではありませんが眺望は素晴らしいです
d0163527_17225417.jpg

都心の高層ビルも良く見えました

d0163527_17231975.jpg


あとはつるつる温泉目指して一気に下山(と行きたいところですがなかなか一気に、とはいきませんけどね)
娘もつま先がかなり痛くなりながらもよく耐えてがんばりました
初つるつる温泉でしたが、本当にお肌つるつる
下山後に温泉に立ち寄るのは初めてでしたがなかなか良かったです

行程 13,25km
標高差 819m

さあ、次はどこへ

d0163527_17324896.jpg

[PR]
by torika-san | 2015-05-06 17:45 | アウトドア | Comments(0)