<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ラズベリー柄キッチンタオルでエプロン

まだ8月だというのにすっかり涼しくなってしまいましたね
あの連続猛暑日が幻のようです

娘の学校は木曜日から2学期が始まりました
ドリルや読書、絵日記やトマトの観察日記、自由研究と長い休みの間にはいろんな宿題がでましたが
お手伝いもそのひとつでした
我が家では幼稚園時代から「お料理」が定番
今年からは児童館のお料理クラブにも参加しており、娘の意気込みも昨年までとは違っていました
なので、その気持ちに私も一役、エプロンを作って応えました
d0163527_14122367.jpg

IKEAで一目惚れしたラズベリー柄のキッチンタオルを使って
それまで使っていたキャラクター柄のエプロンの仕様を真似、目分量でひと回り多くなるように(つまりは適当に)作ってみました
試着させたら胸当ての幅が広すぎたので、タックを寄せ、はぎれで作ったクルミボタンを飾ったら結果オーライ、かわいいじゃないの(自画自賛)

過去、夏休み最後の日には
「明日からもずっとお手伝いするからね!」と張り切っていうものの
実際のところは続かず...でしたが
今年はまだ続いています
(エプロンのおかげかな、いや、ちがいますかね)

私が子どもの頃はあまりお料理を手伝うというのはなかったように思います
調理実習で気に入ったメニューがあった時や、母の日などにちょっと作ってみるくらいだったような
マイエプロンも常備していませんでした
たまに台所に立つと、決まって言う母のセリフは
「前掛けしなさい」
私にとってエプロンはそんな母とのやりとりの記憶に残る特別な、そして当たり前のアイテムです

娘と一緒にキッチンに立つのはとても楽しい
これからも続いたらいいな、ささやかな母の願いです
[PR]
by torika-san | 2015-08-29 14:55 | モノづくり | Comments(0)

夏登山 大菩薩嶺

先日の御岳のハイキングではちょっともの足りず
次の週末に山に登ってきました
山梨県甲州市と北都留郡丹波山村に跨る大菩薩嶺(標高2,057m)です
日本百名山にも選ばれており初心者から健脚向きまで様々なコースがありとても人気が高い山です
私達は駐車場のある上日川峠(標高1,590m)から出発し
唐松尾根→雷岩→大菩薩嶺→大菩薩峠→唐松尾根分岐→上日川峠 のコースを巡りました

もうひとつ、今回の登山は娘の夏休みの自由研究も兼ねています
元々別のテーマを予定していたのですが(こちらもなかなか良いテーマだったので来年以降に持ち越しするつもりですー)
この前日にキッズワークショップで作ったバードコール(※)が思ったより見栄えが良かったので(笑)
いっその事バードコールと登山をセットにして自由研究にしてしまおう!と思い立ち
その勢いで敢行したものです
(※)バードコール・・・鳥を呼ぶ道具のこと。木に取り付けたねじを回すとそのきしみ音が鳥の鳴き声のように聞こえます。

登り始めてしばらくはモミやブナ、ミズナラ、ツガなど様々な種類の樹木が並ぶ林コース
d0163527_1411398.jpg

その名の通り唐松も
d0163527_1413041.jpg

こちらはトウヒの実
d0163527_1414633.jpg

バードコールももちろん鳴らしてみましたよ
d0163527_1481931.jpg


林を抜けると岩場のやや急な登りとなります
d0163527_1483835.jpg

大小さまざまな石や岩に何度も挫けそうになりますが
休憩して振り返ればこの景色!
d0163527_14101589.jpg

斜面の草原にはコウリンカ が群生していました
d0163527_1736354.jpg


空もどんどん近づいてきて雷岩到着
ここから大菩薩嶺の頂までは歩いて10分程なのですが山頂は木々に囲まれ眺望がないので
まずはここでお昼休憩
d0163527_14153950.jpg

d0163527_14155326.jpg

本来は山の向こうに富士山が望めるそうなのですが
この日は雲がかかり見ることができず、残念でした
それでもやはり2000mともなると見下ろす景色は雄大です
頑張って登って美味しい空気とともに食べる山の食事はやっぱり美味しいです

いつものようにのんびりたっぷり休憩していたら
見る見るうちにガスが立ち込めてきたので慌てて片付け山頂へ
d0163527_15302591.jpg

到着!!

山頂からはまた雷岩に戻り先を急ぎます
ここから先、標高2000m地点の神通岩、賽の河原、親不知の頭を経由して大菩薩峠まで下る稜線は
このコースの醍醐味ともいえる絶景が続く筈なのですが...
d0163527_1535582.jpg

d0163527_15482394.jpg

ご覧のとおり、視界不良でほとんど何も見えず
大菩薩峠の介山荘に着いたころには少し雨も落ちてきたので
写真も撮らずにノンストップで通過しました

景色には恵まれませんでしたが
思いがけない出会いが
d0163527_167375.jpg

賽の河原手前の斜面に5~6頭のシカ(ニホンジカと思われます)の群れを発見
そのうちの1頭が「キー、キー」とよく通る甲高い声で啼きながらこちらをしばらく見ていました
野生の動物との出会いに娘は大興奮!

その後上日川峠へと向かう道中でも
おそらくその群れのうちの2頭と思われるシカが至近距離まで降りてきました
d0163527_16152326.jpg

その愛らしい表情にしばし見とれていましたが
高山植物への食害など問題があり生態系を守るための対策には苦労もあるようです
ちょっぴり複雑な気分ですね
(行きと帰りで立ち寄った道の駅たばやまで見かけた「鹿肉ソーセージ」ののぼり
描かれた鹿の表情が帰りには切なく見えました...)

出足もペースもゆっくり、休憩ものんびりの我が家の登山では
他の登山客とは行動時間が少しずれており
この日も下山するころには前にも後ろにも人の姿は見えず
駐車場にはうちの車だけがポツンと残されていました

今回はおあずけとなった絶景の眺望
いつかまた必ず登って眺めたいと思います

行程 7,82km
標高差 467m
[PR]
by torika-san | 2015-08-24 18:04 | アウトドア | Comments(0)

御岳山~ロックガーデン

涼をもとめて奥多摩 御岳方面へぶらり

御岳登山鉄道の滝本駅から御岳山駅まではケーブルカーの1番前を陣取り急勾配の眺めを楽しみました
d0163527_13481673.jpg

d0163527_13483076.jpg

到着後はリフトを乗り継ぎ展望台まで
お天気でとっても気持ちの良い景色でした
こちらはちょうど見ごろを迎えたレンゲショウマ
d0163527_1355933.jpg

御岳はレンゲショウマの日本一の群生地だそうです
花が蓮、葉がサラシナショウマに似ているのが名前の由来とのことで
森の中に俯くようにひっそりと花を咲かせる様はとても可憐で上品でした

御岳山山頂(929m)の武蔵御嶽神社に参拝した後ロックガーデン周遊コースへ
苔蒸した岩と清流に夏の疲れが一気に癒されます
d0163527_1415155.jpg

d0163527_14151524.jpg

d0163527_14154874.jpg

生き物や巨木にも出会いました
d0163527_14203785.jpg

d0163527_1420527.jpg

d0163527_14211523.jpg

d0163527_14213038.jpg

d0163527_14214521.jpg


帰りに立ち寄った見晴らしの良いお食事処では
大きな窓から心地よい風が通り(もちろんエアコンなしですよ)
美味しいお蕎麦でお腹も満足
軽装でのハイキングにぴったりのコースでした

実はこのあともうひとつエピソードがあり...

滝本駅から出発する際に駅の売店で横目に入った「きびもち大福」
よし、帰りに食べよう!!とそれを楽しみにお食事処でのかき氷を見送ったのに
なんと売り切れ!
テンションだだ下がりの娘を救ってくれたのが
吉野梅郷近く青梅街道沿いのドライブインの「へそまんじゅう」です
夫曰く、子どもの頃食べた記憶があるらしく青梅の名物なのだとか
白いのと黒糖の入った茶色の2種類の薄皮で中身はどちらも甘さ濃いめのつぶあん
その名の通り真ん中におへそのようなくぼみがあります
バラで注文するとほっかほかのを紙皿にのせて渡してくれます
そのお味の美味しかったこと!!
娘の御機嫌もすっかり直り和やかな帰路となりました


そうそう
パワースポットといわれる御岳の御利益なのか
はたまたこのへそまんじゅうのおかげ(笑)かわかりませんが
この日以来身体の疲れが抜けたような気がします
今週末はまた猛暑が帰ってくるとの予報もありますが
積極的に身体を動かし美味しいものを食べて暑さを乗り切りたいですね
[PR]
by torika-san | 2015-08-14 15:59 | アウトドア | Comments(0)

おにぎらず

夏休みは前半に予定が集中していましたが
今週辺りからようやく落ち着き
娘の宿題も一気に片付きまして
残すは自由研究のみとなりました
とりあえず ほ(嗚呼でもやっぱり一番重たいのが残っちゃうのよね)
小学2年生とはいえけっこう出るんです 宿題
しかも国語と算数のドリルの丸つけは保護者に委ねられています
特に骨が折れるのが漢字のお直し
見た目には決して間違っているわけではないけれど
書き順や、はねる・はらう・長さetc. 細かいところも先生は見逃さずに指摘されるので
私もそれに倣って


そしてもうひとつ
悩ましいのが毎日のお昼のメニュー(本当に給食様様です)
日頃は私ひとり、残り物で済ませていますが
そういう訳にもいきませんからね
それで思い出したのが「おにぎらず」
流行っているらしいことは知っていたのですが作ったことありませんでして
初めて作ってみました
d0163527_15485741.jpg

ズッキーニ入りの生姜焼きにレタス
ご飯は十六穀米
簡単だし、見た目も可愛いし、おにぎりよりも具がたくさん楽しめるし
なるほど、評判になるだけありますね、これ
夜、夫にも味見させてみたら
生姜焼きもいいけど焼き肉のたれとかで味付けした方が合うんじゃない?と
ふむふむ
そうかもね
早速試してみよう

おにぎらず
夏休み後半のお昼にヘビロテ必至の予感です
[PR]
by torika-san | 2015-08-13 16:01 | 暮らし | Comments(0)

GUAM 2015

東京が連続猛暑日の記録を刻む只中に日本を脱出
グアムで4泊5日のバカンスを楽しんでまいりました

昨年に続き2度目のグアム
前回は主要ホテルやDFS、ショッピングモールが立ち並ぶグアム観光の拠点タモンエリアにステイしましたが
今回はそこから少し離れたタムニングエリアのホテルに泊まり、とにかく海とプールを満喫してきました

ホテルはオンワード・ビーチ・リゾート
日系のホテルなので海外感はあまりありませんがお部屋も広くとっても過ごしやすかったです

21階のお部屋のバルコニーから臨むハガニア湾の景色
d0163527_124435.jpg

バスルームからもこの通り
d0163527_1243056.jpg


写真左の海にポッカリ浮かんだ無人島アルパット・アイランドにはホテル前のビーチからカヤックで上陸することができます
遠浅の海なのでもちろん歩いていくこともできます

シュノーケリングではたっくさんのお魚に会いましたよ
d0163527_12314113.jpg

d0163527_12315539.jpg

d0163527_1232557.jpg
d0163527_12321550.jpg

夫に手を引かれお魚を探しながらシュノーケリング
グアムの海は自分たちのペースで楽しむことができるのが魅力です

隣接のウォーターパークは距離の長い流れるプールや波のプール、各種スライダーなど充実していて
ミニミニ・サマーランドといった感じ、小2の娘は大喜びでした
波のプールではボディボードも初体験しました

移動日以外の3日間は朝から夕方までとにかくプール・海・プール・海,,,,,で真っ黒に日焼けしてしまいました
出発前日に発生した台風13号はサイパンに逸れたためお天気にはほとんど影響なし
時折やってくるスコールはむしろ気持ちがいいくらいでした

プールを早めに切り上げた日にはタクシーで10分ほどのアウトレット・モールへ
最終日はタモンに出かけDFSやショッピングモールをぶらり、とショッピングも満喫♪
良く遊び、よく食べ、早寝早起きと健康的な5日間で身も心もリフレッシュできました

さて夏休みも半分終わり
宿題・絵日記・自由研究etc.
早く終わらせてスッキリしたいですわ
[PR]
by torika-san | 2015-08-08 18:40 | おでかけ | Comments(0)