「ほっ」と。キャンペーン

絵本日和

ぐずついた空模様でおでかけの予定もなかった今日は絵本日和
昨日図書館で借りてきた10冊の絵本を読んでほとんどの時間を過ごしました

3歳になったばかりの娘は借りてくるとすぐひとりでページをめくり
絵を見てお話を作りながら読んでいきます
それを聞いたいるのがまたとてもおもしろくて私の好きな時間でもあります
字が読めるようになってしまうともう聞けませんからね・・

娘の好みのタイプは動物もの
でもときどき特異なキャラクターに心奪われたりするもので
おばけさんやカッパ、ヒトデ、ついには「ホネホネさん」までも・・
親がこれはいい、と思って選んだ本より
娘が何となく選んできたように思える絵本のほうが断然夢中になったりします

娘の本を借りるついでに自分の本も1冊
実はこのごろは意識して児童文学を読んでいます
こどもの頃に読んだ本を借りて読み返すこともありますが
今回は初めて読むお話(イラストがとっても素敵だったので・・)
まだ読み始めてはいないのですが、ページをめくってみたら
羊毛フェルトの作品作りに良いヒントをもらいました
さて、どんなお話かしら・・読んでみることにします
[PR]
# by torika-san | 2010-05-20 23:06 | こそだて | Comments(2)

私が北欧を好きになった理由

私がはじめて北欧を旅したのは1999年のこと
オーロラを見たいとノルウェーでの船旅の後、コペンハーゲンで観光&ショッピングを楽しみました
当時はあまり北欧に関する知識もなく
お友達へのお土産を買うために入ったお店もあとになって「ボダム」だったことに気づいた程でした

その2年後スウェーデン・ストックホルムへ
この街が私を北欧好きにさせたのだと思います
中でもストックホルムの旧市街ガムラスタンは可愛らしい雑貨や家具のお店が立ち並び
寒さを忘れる楽しさでした(このときも訪れたのは冬・・)
迷路のような路地と雪の積もった店頭の地面に置かれたキャンドルの灯りは
特に印象深く私の中でのザ・北欧!の景色です
寒さが厳しく昼間が短い冬の季節、家の中での生活を楽しむためにとビビッドなファブリックや家具、雑貨、キャンドルが親しまれてきたそうですが
それはただ派手ということではなくこころを楽しませると同時に和ませる温かみのあるもので
知れば知るほどに「私、これが好き!」と気づいてしまったのです

それ以来、北欧スタイルのものを見たりそばに置いてあったりするととても心地よく・・・
(もちろんイルムスやイケアも大好きです)

この次行けるのはいつの日か・・今度はぜひ白夜の旅を、と願っております
[PR]
# by torika-san | 2010-05-20 00:45 | 北欧 | Comments(0)

羊毛フェルトとの出会い

きっかけはフェルトのおままごと道具でした
それまでフェルトといったら18cm四方のシート状のものしか知りませんでした
娘のために何か手作りのものをと調べていたら
「羊毛フェルト??」なるものが目に飛び込んできたのです
はじめに興味を持ったのは石鹸水でゴシゴシするタイプのものでした
どうしてこのふわふわの毛が石鹸水でこすっただけでバッグになるの??とひたすら疑問符
さっそくキットを取り寄せて作ってみるとなるほど

で、次はニードルでチクチクするタイプ
動物を何頭か作った後、ダーラヘスト(注1)に挑戦したところこれがとってもしっくりくるのです
もともと北欧テイストのものが好きだったこともありひとつ作ってはまた次・・という具合
ほかにも季節に合ったものを思いつくままに作ってはいるのですが
やっぱりダーラヘストを作っているときが1番楽しいみたいです

羊毛フェルトの魅力はカタチが自由自在に作れることと色が豊富にあること
そして温かみのある素材感
もっともっとたくさん作って自分の納得できる作品を1つでも多く完成させたいと思う今日この頃です

注1:ダーラヘスト(ダーラナホース)はスウェーデン・ダーラナ地方発祥の伝統工芸品の木彫りの馬のこと スウェーデンで馬は幸福の象徴とされ愛されています
d0163527_2333765.jpg
[PR]
# by torika-san | 2010-05-18 23:14 | 羊毛フェルト | Comments(2)

はじめまして

先日 娘が3歳の誕生日を迎えました
子育てにも少しゆとりができ 自分の時間が少しずつですが持てるようになり
日々のことをブログに書いてみようと思い立ちました

羊毛フェルトのこと
北欧スタイルのいろいろ
最近始めたミシン
長年続けているフラワーアレンジ
そして子育てのことなど
綴っていきたいと思っています

どうぞよろしくおねがいしますd0163527_0183095.jpg
[PR]
# by torika-san | 2010-05-18 00:06 | Comments(0)