初めてのリクエスト

娘から初めてのリクエスト
「おかあさん、針でチクチクして‘ガタロウ’作って!」

ガタロウとはいま娘の最大のブーム
絵本に登場してきたカッパのガタロウです・・
d0163527_6292531.jpg

物語の中で主役ではないこのキャラクターがどうもツボのようで

でも忠実に再現しようと思うと・・あんまりかわいくないような・・
さてどうしよう

先日から作りかけのダーラヘストは模様入れの手前まで完成
こちらはしばし休憩
d0163527_6335777.jpg

[PR]
# by torika-san | 2010-05-27 06:35 | 羊毛フェルト | Comments(0)

つみきあそび

絵本や音楽が好きな娘はこれまであまりつみきあそびをしませんでした
高く積んだり、横に並べて電車を作ったりしてたまに遊んでも数十分ですぐ終了
それが最近はこんな感じでよく遊んでます
d0163527_0234169.jpg


d0163527_024734.jpg


お人形は、以前羊毛フェルトで作った我が家3人家族のお人形
マトリョーシカ風ですが娘が握りやすいようにややスリムに作ってあります(どちらかというとこけし風?!)
いつかこんな風に遊んでくれる日がくることを想像しながら作ったので
ちょっとうれしいな
[PR]
# by torika-san | 2010-05-24 00:36 | こそだて | Comments(2)

今宵も羊毛ダーラヘスト

d0163527_22535245.jpg

ひとつでき上がるとまた作りたくなるダーラヘスト
羊毛フェルトをはじめたころは4本脚の太さや首の長さ、胴体の丸み具合も不揃いのものばかり・・
最近では少しでも出来栄えのよいものを、と作り方をいろいろ研究中です

が、ある日自分ではこれまでの中で1番納得いくものができたと「どうだ顔」で主人に見せたところ
「これはこれでいいけど・・前のほうも愛嬌があってよかったよ」とぼそり

なるほど
完璧なものを作ろうと躍起になっていた私は超合金的なものを目指しすぎて
手作り感の良いところをちょっと忘れていました
確かに以前作ったものは未熟だけれど思わず「くすっ・・」と笑ってしまうような緩い感じが可愛らしくもあったのです

それからというもの質のアップは怠らないながらも
全部が全部全く同じ姿に仕上げる!みたいな気持ちは横に置いて作るようになりました

とはいえ、今日のような暑さだとちょっと羊毛はきついです
そろそろシーズンオフかしら
(ちなみに写真は脚を制作中)


ところで昨日読み始めた本
あんまり可愛らしいので紹介しておきます
『森のお店やさん』アリス館発行
林原玉枝 文/はらだたけひで 絵
d0163527_22565383.jpg
[PR]
# by torika-san | 2010-05-21 22:58 | 羊毛フェルト | Comments(0)

絵本日和

ぐずついた空模様でおでかけの予定もなかった今日は絵本日和
昨日図書館で借りてきた10冊の絵本を読んでほとんどの時間を過ごしました

3歳になったばかりの娘は借りてくるとすぐひとりでページをめくり
絵を見てお話を作りながら読んでいきます
それを聞いたいるのがまたとてもおもしろくて私の好きな時間でもあります
字が読めるようになってしまうともう聞けませんからね・・

娘の好みのタイプは動物もの
でもときどき特異なキャラクターに心奪われたりするもので
おばけさんやカッパ、ヒトデ、ついには「ホネホネさん」までも・・
親がこれはいい、と思って選んだ本より
娘が何となく選んできたように思える絵本のほうが断然夢中になったりします

娘の本を借りるついでに自分の本も1冊
実はこのごろは意識して児童文学を読んでいます
こどもの頃に読んだ本を借りて読み返すこともありますが
今回は初めて読むお話(イラストがとっても素敵だったので・・)
まだ読み始めてはいないのですが、ページをめくってみたら
羊毛フェルトの作品作りに良いヒントをもらいました
さて、どんなお話かしら・・読んでみることにします
[PR]
# by torika-san | 2010-05-20 23:06 | こそだて | Comments(2)

私が北欧を好きになった理由

私がはじめて北欧を旅したのは1999年のこと
オーロラを見たいとノルウェーでの船旅の後、コペンハーゲンで観光&ショッピングを楽しみました
当時はあまり北欧に関する知識もなく
お友達へのお土産を買うために入ったお店もあとになって「ボダム」だったことに気づいた程でした

その2年後スウェーデン・ストックホルムへ
この街が私を北欧好きにさせたのだと思います
中でもストックホルムの旧市街ガムラスタンは可愛らしい雑貨や家具のお店が立ち並び
寒さを忘れる楽しさでした(このときも訪れたのは冬・・)
迷路のような路地と雪の積もった店頭の地面に置かれたキャンドルの灯りは
特に印象深く私の中でのザ・北欧!の景色です
寒さが厳しく昼間が短い冬の季節、家の中での生活を楽しむためにとビビッドなファブリックや家具、雑貨、キャンドルが親しまれてきたそうですが
それはただ派手ということではなくこころを楽しませると同時に和ませる温かみのあるもので
知れば知るほどに「私、これが好き!」と気づいてしまったのです

それ以来、北欧スタイルのものを見たりそばに置いてあったりするととても心地よく・・・
(もちろんイルムスやイケアも大好きです)

この次行けるのはいつの日か・・今度はぜひ白夜の旅を、と願っております
[PR]
# by torika-san | 2010-05-20 00:45 | 北欧 | Comments(0)