2017 屋久島 旅の記録その1

今年の夏は行ったことのないところへ
そこでなんとなく思いついた屋久島
どんなところか調べてみたら
山・海・川が一度に楽しめる我が家にはぴったりの島であることがわかり
4泊5日の日程でプランを決めました

羽田発8:05 鹿児島着9:45
鹿児島から屋久島への乗継はすぐ隣の搭乗口でスムーズ
鹿児島発10:05 屋久島着10:40
空港でレンタカーを借り屋久島の旅が始まりました

1日目 7月28日(金)
予定通りの島一周ドライブ(空港から時計回りに)
まずは昼食
安房の「屋久どん」にて
d0163527_16572685.jpg
さっそく名物の`トビウオのから揚げ’
胸ビレも香ばしく揚がっていておせんべいのよう
思ったより身がたくさんついていて食べ応えありました

次に向かったのが「千尋(せんぴろ)の滝」
花崗岩の岩盤を流れ落ちる落差60mの滝です
d0163527_16581620.jpg
d0163527_16590085.jpg
ご覧の通りのロケーションで近くで見ることは出来ませんが
離れた展望台からも迫力が伝わります

また国道に戻りしばらく道なり
島の南部はちょっとした町はあるものの人も車も少ないです
お店や宿も国道から山側もしくは海側の筋に入ったところにあるようで
控えめな看板がなかなか目に留まりません
ガイドブックにはちょこちょこあるように載っているのですがね

そうこうしているうちに島西部にさしかかり
立ち寄ったのが栗生にある塚崎タイドプール
ちょうど干潮時で潮だまりができていて
取り残された小魚やカニ、ヤドカリなどたくさん見ることができました

次にやってきたのが「大川(おおこ)の滝」
日本の滝100選にも選ばれている落差88mの名瀑
d0163527_17000731.jpg
d0163527_17005843.jpg
滝壺までは岩場を歩いて近づくことができその轟音と美しく豊かな水を感じることができます
水の近くはとても気持ちよいです

滝を後にすると西部林道に
道幅はグッと狭くなり夜間は通行止めになっています
ここでは野生の屋久ザルと屋久シカの遭遇率ほぼ100%とどのガイドブックにも載っていましたが
ご対面は突然訪れます
d0163527_17014712.jpg
d0163527_17023227.jpg
d0163527_17031708.jpg
道路脇だけでなく道の真ん中にもどっかりと座りこんでいて車も立ち往生
通り抜けには時間がかかると書いてありましたが、なるほど頷けます
夜間通行止めなのも納得です
d0163527_17042276.jpg
それにしても野生とはいえ人馴れしている様子
車が近づいてもノミ取りをやめないサル達の姿は
もしかすると観光客を喜ばすために芸を仕込まれているのでは、と疑ってしまう程です

おサルとシカとの遭遇に車中は大盛り上がりでしたが
西部林道を無事に抜けたあたりは本当に何もないエリア
お次は何かな...

その2へつづく



[PR]
# by torika-san | 2017-08-03 17:08 | アウトドア | Comments(0)

カルトナージュ#23~クーペル

d0163527_15091548.jpg
カルトナージュレッスン23作目
クーペルです
クーペルとはフランス語で皿とか小鉢という意味だそうです
サイズは直径33センチの六角形
25mmのカートンを使用しているのでずっしりとした存在感があります
底の台座は25mm厚を2枚重ね50mmにして布をくるんでいるので安定感もあります
d0163527_15195748.jpg
この作品のポイントは六角形の製図と柄合わせ
以前に六角形のペン立てを作ったことがありますが
どうやら私はこの形が好きみたいで製図や組み立て
そして外側と内側の生地を1枚1枚きっちりと貼っていくのがとても楽しかった!

このクーペルは以前作成したディスプレイ棚と同様
羊毛フェルトの展示に使えるようにしたかったので
外側は同じ北欧テイストの色違いの生地を
内側面は色は派手すぎず、でも無地だとおもしろくないので
雲なのか?それとも波なのか?よくわかりませんがこの柄をチョイス
柄合わせも、まあまあ、うまくいきました
d0163527_15261876.jpg
それにしてもこのクーペル
どのアングルから撮ったらいい感じになるかとても難しかった
d0163527_15283989.jpg
ブログにこうして載せていてもなんとなく納得してない
なにか置いて撮れば良かったのかな
ま、そのうち展示会やイベント等でお目見えすると思うのでその時に良いショットが撮れるようにがんばります



[PR]
# by torika-san | 2017-07-22 15:33 | カルトナージュ | Comments(0)

フィンランド国旗柄のてぬぐい

d0163527_08430369.jpg
てぬぐいコレクションに仲間入り

フィンランド国旗柄!!

先日のFarmer's Market at UNU で開催された「Nordic Lifestyle Market」の
北欧雑貨kröneさんのブースで見つけました
買わずにはいられないですよー

Mennään Suomeen!

フィンランドに行きましょう!という意味みたいです


北欧4か国のうち唯一訪れたことのないフィンランド

憧れ感が募ります

行ってみたいな



朝からセミがみーんみーん鳴いています

関東地方は昨日梅雨明け

小学生は今日が終業式で明日から夏休み

いよいよ夏も本番です

張り切って参りましょう!!




[PR]
# by torika-san | 2017-07-20 09:00 | 北欧 | Comments(0)

あんずジャム

d0163527_23024656.jpg
(もうすでに完食しましたが...)
うれしいもの屋さんのあんずジャム
あんず(もちろん無農薬)とお砂糖だけのさらっとした口あたり
色もあんずそのものの鮮やかさ
余計な味がしない美味しさ
カラダに優しいモノを食べると
ココロも喜びます



[PR]
# by torika-san | 2017-07-13 23:10 | 暮らし | Comments(0)

カルトナージュ#22~扇子

d0163527_17091736.jpg
カルトナージュレッスン22作目
お扇子です
こちらは先生が今年のホビーショーでワークショップを開催されたのを皮切りに
さまざまなお教室や会場でワークショップをされている大人気アイテムです
キットは200セット以上ご用意されたとのこと
すごいです!!
でもわかりますよねー
これからの季節に必須アイテムのお扇子
それがオリジナルで作れるのですから
柄はリバティ
数種類用意された中から選ぶことができるのもとっても嬉しいです
せっかくなので手持ちのリバティとは雰囲気の違う柄をチョイスしました

作り方は「へー」「なるほどー」の連続
試作から試行錯誤を重ねレシピを練り上げてくださったおかげで
カルトナージュ初心者の方にもわかりやすく作れるようになっているのは流石です
d0163527_17243244.jpg
裏面の処理も美しく

d0163527_17252677.jpg
畳まれている時の姿もカラフルで
開く時のわくわく気分が高まります

そしてお揃いの生地でケースまで
d0163527_17282307.jpg
リバティと和の共演が見事です

暑さが厳しくなるこれからの季節
お気に入りを身につけて気持ちだけでも涼やかになりたいですね



[PR]
# by torika-san | 2017-07-06 17:38 | カルトナージュ | Comments(2)